page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2017/02/17

ローカル色満載!タイ・チェンマイの天然温泉「サンカムペーン温泉」

常夏の国タイと温泉。なんだか不釣り合いな感じがする組み合わせですが、実はタイ各地に天然の温泉が存在します。今回は観光客の方にもアクセスしやすい、タイ北部の都市・チェンマイ郊外にある「サンカムペーン温泉」をご紹介します。日本人が慣れ親しんでいる温泉とはひと味違うローカル色満載の温泉です!

カテゴリ:スポット エリア:アジア  タイ  チェンマイ キーワード: 珍しい 公園 リラクゼーション 人気 野外

100℃以上の温泉が噴き上がる!

100℃以上の温泉が噴き上がる!

「サンカムペーン温泉」はチェンマイ市街地から車で40〜50分程の郊外にあります。公営の温泉と聞いていましたが、到着してびっくり。入場料(外国人料金:大人100B・子ども50B)を支払い、公園内に入ると、日本的な温泉のイメージとは異なる光景が広がっていました。温泉そのものというよりは温泉を併設した広大な公園といった感じ。公園内はきれいに整備されており、地元の方たちの憩いの場といった雰囲気。

公園のなかを進んでいくと、温泉が写真のように噴き上がっています。100℃以上の熱湯が噴き上がる様子は迫力満点!

足湯スペースで体ぽかぽか

足湯スペースで体ぽかぽか

こちらの温泉には観光客も訪れますが、来訪者の8割は地元の人々といった様子。この日はタイの連休中だったこともあり、ローカルの家族連れや団体客で賑わっていました。

特に多くの人が利用していたのが無料の足湯コーナー。下流は湯温が低く、タイ人に大人気のようです。お湯に足を浸しながら、食事をしたり、おしゃべりに花を咲かせたり、思い思いに足湯を楽しんでいました。上流の湯温はタイ人にとっては熱すぎるようですが、温泉に慣れた日本人には快適そのもの!私も15分ほど足湯を体験しましたが、体の芯からあたたまりました。

温泉卵や全身浴も楽しめます

温泉卵や全身浴も楽しめます

公園内では卵が販売されており、日本人にはおなじみの温泉卵をつくることもできます。源泉そばに設置された温泉卵コーナーにはたくさんの人だかりが出来ていました。タイ人も温泉卵が好きなんだなあとびっくり。

また、今回は利用しませんでしたが、公園内にはマッサージ施設や個室の温泉部屋、団体向けの貸し切り浴場もあるそうです。チェンマイ観光で疲れたら、日本とはひと味違うこちらの温泉でゆったり休憩するのもよいかもしれませんね。

スポット情報

スポット情報

サンカムペーン温泉
アクセス:San Kamphaeng - Mae-on Rd., Ban Sahakon, Mae On, Chiang Mai Thailand
開場時間:6:00〜20:00

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/02/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索