さん(する)

掲載日:2017/09/23

バンコクから日帰り可!ローカル感が楽しいバンナムプン水上マーケット

バンコクから日帰りで遊びに行くことができる水上マーケットというと、アムパワー水上マーケットやダムヌンサドゥアック水上マーケットが有名ですが、観光地化された場所ではなく、もう少しローカル色の強いマーケットに足を運んでみたいという方もいらっしゃると思います。そこで今回は、庶民的な雰囲気が魅力的な「バンナムプン水上マーケット」をご紹介したいと思います。

カテゴリ:スポット エリア:アジア  タイ  バンコク キーワード: 安い 穴場 自転車 マーケット のんびり

ABガイド:Masa

Masa
タイ・バンコク在住。食べ歩きと旅行が趣味。在住者ならではの視点からバンコクのリアルな”今”をお届けします!

バンコクから近いのが嬉しい

バンコクから近いのが嬉しい

今回ご紹介するバンナムプン水上マーケットがあるのはバンコクの隣県・サムットプラカーン県。隣県とはいっても、マーケットはチャオプラヤー川を挟んですぐ対岸にあるため、バンコクからはとても近いんです。バンコクから市場へ向かうにはいくつか方法があるなかで、おすすめなのはクロントゥーイ港からのアクセス。港から船でチャオプラヤー川を渡るのに約2分、対岸に到着後は自転車に乗り換えて約15分ほどで市場にアクセスすることができます。

ローカル価格で食べ歩きが楽しめる

ローカル価格で食べ歩きが楽しめる

バンナムプン水上マーケットを訪れているのは圧倒的にタイ人が多く、観光客向けの市場という雰囲気はありません。出店者は地元に住む人たちに限定されており、市場に並ぶ品物はローカル価格で販売されています。新鮮な野菜や果物をはじめ、お菓子など食品類が多く販売されており、安価に食べ歩きを楽しむことができますよ!

また、屋台村のような一画でもローカル価格でタイ料理を楽しむことができます。写真のトムヤムヌードルはボリュームたっぷりなのに30B(約100円・2017年8月現在)とリーズナブルでした。

市場へは自転車で向かうのがおすすめ

市場へは自転車で向かうのがおすすめ

バンナムプン水上マーケットがあるエリア一帯は豊かな自然が残っており、「バンコクの緑の肺」と呼ばれています。大都市バンコクのすぐそばにありながら、手つかずの自然に溢れたこの場所はバンコクに住むタイ人の日帰り旅行先として大人気。船着場のレンタサイクル店で自転車を借り、バンナムプン水上マーケットへ向けてサイクリングを楽しむ人がとても多いんですよ。定番的なバンコク観光に飽きた方、ローカル気分を味わってみたいという方にはおすすめのワンデイトリップ先です。

スポット情報

スポット情報

バンナムプン水上マーケット
住所:Soi Bua Phueng Phatthana, Bang Kobua, Amphoe Phra Pradaeng,Samut Prakan
営業時間:7:00〜16:00頃(土日のみ営業)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/09/23)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索