さん(する)

掲載日:2017/11/18

バンコク・シーロム通りで開催!ヒンドゥー教の祭典「Navaratri Festival」

昼間はバンコク随一のオフィス街として、また、夜になればパッポンやタニヤに代表される歓楽街として知られるシーロムエリア。このエリアを舞台とし、毎年1回、大規模なヒンドゥー教の祭典「Navaratri Festival(ナヴァラトリ・フェスティバル)」が開催されます。2017年のフェスティバルに先日遊びに行ってきましたので、祭典の様子をご紹介したいと思います。

カテゴリ:イベント エリア:アジア  タイ  バンコク キーワード: 珍しい 祭り 圧巻 野外

ABガイド:Masa

Masa
タイ・バンコク在住。食べ歩きと旅行が趣味。在住者ならではの視点からバンコクのリアルな”今”をお届けします!

ナヴァラトリ・フェスティバルとは

ナヴァラトリ・フェスティバルとは

「ナヴァラトリ」とはサンスクリット語で「九夜」という意味を持つ、ヒンドゥー教の祭典です。名前の通り、春と秋の年2回に、それぞれ9日間にわたり開催されている祭典で、期間中はカーリー、マハ・ラクシュミ、マハ・サラスヴァティという3人の女神に、それぞれ3日間ずつ祈りが捧げられます。ヒンドゥー教の本場・インドでは地域によって祭事の内容が異なるそうなのですが、ここバンコクでは毎年秋に盛大なパレードが開催されています。

都会の真ん中で行う大規模パレード

都会の真ん中で行う大規模パレード

フェスティバル当日には、ヒンドゥー寺院「ワット・ケーク」からパレードが出発、通りを練り歩きます。普段から交通量の非常に多いシーロム通りの片側車線、北サトーン通りなどの大通りを車両通行止めにしてパレードを行うのですが、パレードがスタートする前から周辺は大勢の人たちで大混雑します。パレードが始まる直前になれば、普通に歩くのもままならないほど。2017年度はプミポン前国王陛下の崩御に伴う服喪期間中ということで、例年よりもトーンダウンしての開催となりましたが、それでも大勢の人たちが集まっていました。

色とりどりの祭壇が並ぶ

色とりどりの祭壇が並ぶ

フェスティバルの見どころはパレードだけではありません。通りには色とりどりの祭壇がずらりと並び、祭壇の周りには音楽に合わせて踊る信者の人々、呪術師やトランス状態で奇声を発する人など、さまざまな人間模様を目にすることができます。強烈なお香の匂いと大音量のインド音楽に、自分がバンコクにいることを思わず忘れてしまいそうになるほど、周辺エリアは異国情緒に包まれます。フェスティバルの開催日は毎年異なりますが、もし運良く開催日にバンコクに滞在される方は、是非シーロムに足を運んでみてはいかがでしょうか。

イベント情報

イベント情報

Navaratri Festival
場所:シーロム通りのワット・ケークを中心とした一帯
住所:2 Pan Rd, Silom, Bang Rak, Bangkok Thailand(ワット・ケーク)
時間:18時頃からスタート

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/11/18)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索