さん(する)

掲載日:2018/08/17

バンコクで話題!ユニークなエコフレンドリーカフェ「Better Moon x Refill Station」

世界的に有名なカフェチェーンが2020年までに使い捨てのプラスチックストローを廃止する計画を発表するなど、プラスチックの使用を控える「脱プラスチック」の気運が世界中で高まっています。そんななか、脱プラスチックをテーマのひとつに掲げた小さなカフェがバンコクで注目を集めています。

カテゴリ:グルメ/スイーツ エリア:アジア  タイ  バンコク キーワード: おいしい 珍しい レストラン カフェ おすすめ トレンド オーガニック 話題

ABガイド:Masa

Masa
タイ・バンコク在住。食べ歩きと旅行が趣味。在住者ならではの視点からバンコクのリアルな”今”をお届けします!

NOプラスチックを提案するカフェ

NOプラスチックを提案するカフェ

2018年5月末、プラスチック袋80枚を飲み込んだクジラがタイ南部で死亡した事件がタイ国内で大きな話題となりました。これまで、世界的にみてもプラスチック袋の消費量が特に多いとされてきたタイですが、この悲劇を機に、プラスチック使用を控えようという動きが国内で少しずつ拡がっています。

そんななか、2017年12月にオンヌットエリアにオープンしたカフェ「Better Moon x Refill Station」が注目を集めています。こちら、バンコクではいち早く“Plastic Free”に着目したユニークなカフェなんです。

洗剤やシャンプーを量り売りで販売

洗剤やシャンプーを量り売りで販売

このカフェが注目を集めているのは、店内で“ごみを出さない”日用品販売を行っているからなんです。洗剤やシャンプーなどを量り売りで販売するリフィルステーションが店内の一角にあり、私たちは好みの商品を必要な量だけ購入することができます。購入にあたっては、自前の容器をお店に持参する必要がありますが、無駄なプラスチックごみを出さずに済むことに加え、購入者は通常商品を購入するよりも少しお得に購入ができるという仕組みです。こういったバルクスタイルの販売を始めたのはこの店がタイ初なのだそうですよ。

家庭的な優しい味わいの料理が楽しめる

家庭的な優しい味わいの料理が楽しめる

上記のような取り組みが評価され、各所で話題を集めているBetter Moon x Refill Stationですが、カフェとしても実は魅力たっぷりな場所なんです。多くの人に気軽にカフェを訪れてもらいたいというオーナーの意向から、提供されているフードやドリンクはいずれもリーズナブルな価格設定となっているほか、タイ産の食材を使用してつくられる料理は家庭的な優しい味わいで人気があります。ナチュラルなインテリアでセンスよくまとめられた店内は居心地抜群ですよ。バンコクに来られたら、Better Moon x Refill Stationに是非立ち寄ってみてくださいね。

お店情報

お店情報

Better Moon x Refill Station
https://bettermoon.space/cafe/
https://www.facebook.com/bettermoonshop/
住所:2031 Sukhumvit 77/1 Alley, Klongtoey Nuea, Wattana, Bangkok
TEL:(+66)93-563-2265
営業時間:8:00〜22:00

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/08/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索