page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・船・クルーズの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

必読!通常3000円以上のクルージングを、たった30円で楽しむ方法


掲載日:2007/10/10 テーマ:船・クルーズ 行き先: タイ / バンコク

タグ: お得 クルーズ 寺院 節約


交通渋滞知らずのチャオプラヤエクスプレス、かなり使える交通手段!

真っ赤に染まる空に浮かび上がる暁の寺。夕方のチャオプラヤ川沿いは幻想的な景色を楽しませてくれます 真っ赤に染まる空に浮かび上がる暁の寺。夕方のチャオプラヤ川沿いは幻想的な景色を楽しませてくれます

バンコクの交通といえばタクシーとBTSや地下鉄といった電車がメインだと思われがちですが、忘れちゃいけないのがチャオプラヤエクスプレス。チャオプラヤ川を颯爽と走る水上交通です。カオサン通りや王宮など電車の交通の便が悪いエリアの近くにも止まり、何より渋滞知らず!! 渋滞天国バンコクにおいて、観光客はもちろんのこと地元民のなくてはならない足として大活躍な交通手段なのです。そのチャオプラヤエクスプレス。何も便利なのは交通だけじゃありません。なんとロマンティックなクルーズ船としても活躍してくれちゃうのです!

同じコースをツアーで頼めばお値段、なんと100倍以上!!

昼間は人でごった返すチャオプラヤエクスプレスも終船近くなると空いてくるので、そこが狙い目 昼間は人でごった返すチャオプラヤエクスプレスも終船近くなると空いてくるので、そこが狙い目

というのはチャオプラヤ川沿いにはワット・ポーや『暁の寺』として知られるワット・アルンなど見所がいっぱい。それだけに、それらを優雅に水上から眺めようと、多くのクルーズツアーが催行されているのですが、そのお値段1000バーツ(約3000円)以上!! ナイトクルーズともなればディナーつきとなってしまうので、お値段もさらに割高です。
大型客船でタイ料理を食べながらリッチなクルーズをお好みなら、そちらをオススメしますが、もっと安くならないの!? っ人!! ここで活躍するのがチャオプラヤエクスプレスなのです。だって、こっちの船ならクルーズ船と同じルートを通るのにお値段7〜11バーツ(約21〜33円)と爆安なのですから!!

爽やかな風を頬に受けながら、エメラルドに輝く寺院を見よう!

船の中にはお坊さんや若者やらがわんさか乗ってきて「優雅」とはいえませんが…。景色を見るなら船の最後尾へ! 船の中にはお坊さんや若者やらがわんさか乗ってきて「優雅」とはいえませんが…。景色を見るなら船の最後尾へ!

もちろん、チャオプラヤエクスプレスは普通の交通船なので各駅停車ですし、地元の人たちもわらわらと乗車してくる。そりゃ「優雅」とは言いがたいものがありますが、それでもこのお値段。ちょっと水上から夕涼みがてら観光したい! って気分のときには大いに「アリ」だと思いませんか!? オススメはシートがある船の中央ではなく、乗り降りをする船の最後尾。オープンエアーで開放感はバツグン!! そして暁の寺やエメラルド寺院もしっかり見えるので記念撮影もバッチリです!!(落ちないようにしっかり捕まってくださいね!)

真っ赤な夕日とライトアップされた寺を見るなら18時前〜スタート!

ピンクラオ橋に夕日がかかる瞬間。こんな美しい光景が激安で楽しめます! ピンクラオ橋に夕日がかかる瞬間。こんな美しい光景が激安で楽しめます!

昼の景色も素敵ですが、やっぱりオススメは夕方。真っ赤な夕日にチャオプラヤ川が赤く染まり、寺々がライトアップされ輝き出す。それはそれはロマンティックな光景が目の前に広がります。そんなステキなクルージングが何度も言いますが100円以下で楽しめるんです! ただし、一つだけ大事な注意が。チャオプラヤエクスプレスの運行時間は18時40分まで。せっかく行ったのに終わってた〜なんて悲しいことにならないように、17時30分〜18時には乗船しててくださいね!

ナイトクルーズした後はカオサンで夜遊びってコースもオススメ♪

船から見る夕方のバンコクは本当にロマンティック。お金をかけなくてもステキなクルージングはできるのです! 船から見る夕方のバンコクは本当にロマンティック。お金をかけなくてもステキなクルージングはできるのです!

チャオプラヤエクスプレスはBTSのSaphan Taksin(サパーン・タークシン)駅から徒歩1分のとこにある船着場Sathorn(サートーン)から乗るのが簡単♪ ツアーのクルーズ船と同じコースを見たいならPHRA PIN KLAO(プラ・ピンクラオ橋)で下車、Uターンして戻ればOKです。各駅停車のボートで料金は11バーツ(約33円)。チケットは船の中で買えるのでご安心を♪ またプラ・ピンクラオのひとつ手前のTHA PARA ATHIT (プラ・アティット)で降りればカオサンロードはすぐそこ。行きだけクルージングして帰りはカオサンで夜遊び! というルートが私のイチオシ。ぜひぜひチープにしてリッチな感動を味わいに、チャオプラヤエクスプレスを活用してみてくださいね!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索