page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

目からウロコの激安パレード。掘り出し物探しならココへ!


掲載日:2007/12/25 テーマ:ショッピング 行き先: タイ / バンコク

タグ: お土産 アクセサリー ショッピング 安い 穴場 洋服


サイアムスクエアの端の端。激安ビルは人混みが目印!

1階入ってすぐにあるピアスショップには1つ19バーツ(約60円)の激安ピアスがズラリ!! バラまき土産にも最適だから、まとめ買い必須です! 1階入ってすぐにあるピアスショップには1つ19バーツ(約60円)の激安ピアスがズラリ!! バラまき土産にも最適だから、まとめ買い必須です!

バンコクの中心地、Siam Square(サイアム スクエア)の中心地からMBK(マーブンクローンセンター)方面に歩いたあたりに、続々と人を呼び込んでは吐き出す古びたビルがあります。それが今回ご紹介する「Bonanza Mall(ボナンザモール)」です。人の波さえなければ見逃してしまいそうな古くて小さな3階建てのビルですが、そここそ「激安アイテムの集結地」。タイの若者が押し合いへし合い争奪戦を行う、穴場のショッピングスポットなのです!

洋服、アクセ、バッグに制服!? とにかく何でも売ってます

ビル内はタイの若い女の子で大賑わい!! 1000円以下で買える洋服、靴、アクセを探すならここはハズせません! ビル内はタイの若い女の子で大賑わい!! 1000円以下で買える洋服、靴、アクセを探すならここはハズせません!

店内は小さなスペースで区切られたお店がズラリと並び、洋服からアクセ、靴などが「こんな安くていいの!?」という値段で売ってます。フロアごとに「○○売り場」なんてカテゴリー分けは一切ナシ。下着売り場の横にバッグがあったかと思えば、その向かいは制服だったり…。ここではお目当てのものを探しに買い物にくるなんてご法度。「とにかく安く、かわいいものが欲しい!」という人は歩いて見て回るしかないのです!(笑)

激カワピアスが19バーツ(約60円)!! バラまきお土産にもピッタリ♪

安いからといって流行遅れなんてことは一切ナシ。同じアイテムが他のお店だと2倍の値段だった! なんてことも日常茶飯事。掘り出し物の宝庫です 安いからといって流行遅れなんてことは一切ナシ。同じアイテムが他のお店だと2倍の値段だった! なんてことも日常茶飯事。掘り出し物の宝庫です

先ほどから「激安」「爆安」と叫んでますが、実際どれくらい安いのか。ずばり、ピアスが19バーツ(約60円)、Tシャツが75バーツ(約230円)くらいで投げ売られてます。バンコクの中でも安くてかわいいものが集結しているサイアムスクエアの中でもここの安さは圧倒的! それだけに人気のあるアイテムは店頭に並ぶやいなや、すぐに売れてしまうので、お気に入りを見つけたら迷わずスグGETがお約束です!

掘り出し物を見つけるためには「根気良く」が絶対条件!

サイアムスクエアから歩くとビルの横にさりげなく「Bonanza Mall」の文字が。でも目印はとにかく人・人・人の人だかり!! 続々と人が吸い込まれていく古びたビルがボナンザモールです! サイアムスクエアから歩くとビルの横にさりげなく「Bonanza Mall」の文字が。でも目印はとにかく人・人・人の人だかり!! 続々と人が吸い込まれていく古びたビルがボナンザモールです!

掘り出し物がどっさりのビルなのですが、難点は…とにかく混んでいること!! 右も左も前も後ろも人・人・人でごった返しているので、「人込みが苦手…」という人にはかなり厳しいかもしれませんが、そこは戦利品のためにもしばしガマンです。さらに根気良く「値切り」に挑戦すれば、アクセ類などは8割の確率でさらにプライスダウン! そう、ここは根気あるものが得する場所! タイの若者に負けず、戦利品を手に入れてくださいね!!

【関連情報】

■Bonanza Mall(ボナンザモール)
アクセス:BTS National Studiam(ナショナルスタジアム)駅から徒歩2分。MTB(マーブンクローンセンター)から連絡通路アリ。 ビルに入ったテナントは約350! 電話、営業時間などは店舗によって異なります。※スリが多いので、手荷物からは目を離さないで!!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索