page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ヤワラートは美食と雑貨にあふれた玉手箱★


掲載日:2008/05/19 テーマ:ショッピング 行き先: タイ / バンコク

タグ: お土産 アクセサリー ショッピング 安い 雑貨


早起きしたら、中華街へLet's GO!

200m以上続くヤワラートのアーケード街。左右にアクセサリーの問屋や生地屋さん、文房具に雑貨屋と気になる店が続き、きょろきょろしちゃうこと必須! 200m以上続くヤワラートのアーケード街。左右にアクセサリーの問屋や生地屋さん、文房具に雑貨屋と気になる店が続き、きょろきょろしちゃうこと必須!

ヤワラートとはバンコクにある中華街エリアのこと。中華街と聞くと、横浜や神戸の中華街のようなグルメにあふれたチャイナタウンを思い出す人が多いと思いますが、バンコクのはちょっと変わってるんです。もちろん、フカヒレや肉まんなど中華街ならではのグルメも充実してますが、このエリアのオススメは200m以上続くアーケード街。ここにはとにかくありとあらゆるものが揃ってる。目的なんてなくても楽しめちゃう、おもちゃ箱のようなエリアなのです!

手作りアクセ派&ネイルアートっ子が泣いて喜ぶ品揃え!

ビーズやレース、ボタンが驚くほど安いのがヤワラートの魅力。手作りアクセはもちろん、ネイルアートにも使えるパーツが売っているので要チェック! ビーズやレース、ボタンが驚くほど安いのがヤワラートの魅力。手作りアクセはもちろん、ネイルアートにも使えるパーツが売っているので要チェック!

まず、このエリアに何が何でも言って欲しいのはアクセを手作りしたり、手芸の趣味がある人。ここには生地はもちろん、リボンやレース、アクセサリーパーツなどを扱う生地問屋がズラリ! 日本でいう浅草橋の問屋街といった感じですが、違うのは圧倒的に安いこと! 例えば、リボンのレースなら日本で1m買うお値段で20mは買えちゃう。ワッペンやアイロンプリント、ビーズも山ほど売ってるので、Tシャツ作りやネイルアート派も見逃さないで!!

もちろん、既製品もお安いです!! バラまき土産はここで★

ゴージャスなブローチは1個80バーツ(約240円)と激安!! ネックレスやネクタイピンももちろんリーズナブルで、まとめ買いをすればさらにお得に★ バラまき土産はここできまり! ゴージャスなブローチは1個80バーツ(約240円)と激安!! ネックレスやネクタイピンももちろんリーズナブルで、まとめ買いをすればさらにお得に★ バラまき土産はここできまり!

手作りは苦手って人にも優しいのがここ、ヤワラート。アクセサリーも卸価格で売っているので、スワロフスキーやクリスタルビーズを使ったゴージャスアクセがたった100バーツ(約300円)程度で手に入ります!! ほかにも、日本のアニメを意識したような怪しいキャラもの雑貨や、文房具などありとあらゆるものが揃うので、ウケ狙いのお土産さがしにはピッタリです★ しかもうれしいことにたくさん買えば買うほど安くなる問屋システム! 会社の同期へ、サークル仲間へのお土産のまとめ買いはぜひここで片づけたいですね♪

スリ多発地帯!! 買い物に夢中になる前に要注意!

プチプライスアイテムがズラリと並ぶので、ついつい買い物に夢中になりがち。そのスキをねらってスリが近寄ってくるので、手荷物の管理には十分注意して! プチプライスアイテムがズラリと並ぶので、ついつい買い物に夢中になりがち。そのスキをねらってスリが近寄ってくるので、手荷物の管理には十分注意して!

お財布にも優しく、いるだけで楽しくなれるヤワラートですが、悲しいことにバンコクの中でも1、2を争うスリ多発地帯。買い物に夢中になってる間に、あれ!? 財布がない!! カメラがない!! ってことが多発してます。なので、必ずバッグは自分の前に持ってくること。リュックやショルダーはスリの格好の獲物になっちゃうので、控えてくださいね! そして、万が一のときに備えてお金は小分けして持ち歩くのがオススメ。でも、そんな悲しい思い出を作る前に、しっかり用心して激安ショッピングを楽しんでくださいね

【関連情報】

アクセス:水上交通 チャオプラヤエクスプレス「ヤワラート」船着場下車。徒歩5分。
タクシーで行く場合は「ヤワラー、もしくはチャイナタウン」でOKです!
問屋はカードが使えない店が多いので、バーツの用意を忘れずに。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索