page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・動物の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

タイのちょっと変わった動物園。デパートの屋上にトラ、クマ、オランウータン!


掲載日:2008/05/23 テーマ:動物 行き先: タイ / バンコク

タグ: かわいい 穴場 動物 動物園


ホントにここでいいのかしら…? いいのです!

人気者のオランウータン。ゆっくりのっそり歩いて近づいてくる姿がチャーミング♪ それにしてもこの大きな動物たちをどうやってデパートの6階まで運んだんだろう… 人気者のオランウータン。ゆっくりのっそり歩いて近づいてくる姿がチャーミング♪ それにしてもこの大きな動物たちをどうやってデパートの6階まで運んだんだろう…

「5階、電化製品売り場でございます。続きまして6階、動物園でございます♪」なんて、エレベーターガールはいませんが、ホントです。ここはバンコク市内からチャオプラヤ川を越えてすぐのエリアにあるパタデパート。わざわざ買い物に来たわけではなく、動物を見に来たんです! デパートの上の動物園だからといって、鳥や鯉が泳ぐデパートの屋上を想像してもらっちゃこまります。ここにはなんとトラにクマ、さらには南国だってのにペンギンまでもいるんです!

タイ語が喋れれば30バーツ(約90円)。ダメだと200バーツ(約600円)!!

動物園の入り口はエレベーター! 化粧品売り場、洋服、家電売り場の次は、、、動物園! 入口からシュールな体験ができるのもまた楽しい★ 動物園の入り口はエレベーター! 化粧品売り場、洋服、家電売り場の次は、、、動物園! 入口からシュールな体験ができるのもまた楽しい★

とはいえ、まずはエントランスで試練が待ち受けてます。実はこの動物園、あからさまにタイ人料金と外国人料金が設定されているのですが、その差なんと約500円!! まずタイ語で「コップンカー♪(こんにちは♪)」なんて声をかけてみたものの、怪しげなまなざしで私を見つめるスタッフのお姉さん。ここで負けてたまるかと、知ってる限りのタイ語を使って会話したのですが…、隣にいた友達がまったく理解できないことが判明してしまい、しっかり外国人料金を取られてしまいました。安く入りたいなら日常会話と、動じない演技力! これを身につけて挑みましょう!

羊はもちろん、なんとクマにも餌やりできちゃいます!

上手に二本足で立ち上がるツキノワグマには餌やり可能! 10バーツ(約30円)でサヤインゲンを買って、上からポーンと放り投げると両手を上げてしっかりキャッチ!! 上手に二本足で立ち上がるツキノワグマには餌やり可能! 10バーツ(約30円)でサヤインゲンを買って、上からポーンと放り投げると両手を上げてしっかりキャッチ!!

普通、動物園といえば「餌を与えないでください」が当たり前ですが、ここは商売上手の国バンコク。いたるところに「餌10バーツ(約30円)」の看板があり、羊の好きな草やクマの好きな野菜を買うことができます。え? クマ!? そうです! ここにはツキノワグマが飼われているのですが、檻の上はオープンエア。そこからクマを覗くと…「餌くれ!」と言わんばかりにクマ達が二本足で立ち上がるではないですか! しかも、どうやらめっちゃお腹がすいてるようで、餌を投げると上手に両手でキャッチ★ こんな楽しい経験、なかなかできません! しかも下へ降りるとそこはガラス張りになっていて、間近でクマと接せられる。日本にもこんな動物園が欲しい! と思わずはしゃぐこと確実です!

よくもまぁ、こんなに…。サルの種類には脱帽です!

羊にも餌やりできます。ものすごい食いつきに「絶対、飼育員が餌与えてないな…」と思いつつ、間近に迫ってくる羊にたじたじ。でも楽しい! 羊にも餌やりできます。ものすごい食いつきに「絶対、飼育員が餌与えてないな…」と思いつつ、間近に迫ってくる羊にたじたじ。でも楽しい!

もうひとつの目玉はありとあらゆるサルがクラスモンキーエリア。中でも人間が中に入ってるんじゃないか!? と思わせるBIGなオランウータンが人気者で、人間が近づくと人懐っこい目で「エサ、ちょーだい♪」と手をのばします。ここは餌やり×なハズなのですが、みんな手持ちのお菓子や野菜を上げてスキンシップを図ってる。うーん、のどか!! どうせ大したことないだろうと甘く見てたのですが、この動物園、かなり遊べます! 気づけば1,2時間あっという間に過ぎちゃうし、人もマバラな穴場スポット。ぜひぜひキュートな動物たちに会いに来てください♪

【関連情報】

クマの檻はガラス張りになっていて、間近でクマを見ることができます。ガラスに手を差し出すと、しっかりハイタッチしてくれるクマがかわいすぎる〜!! クマの檻はガラス張りになっていて、間近でクマを見ることができます。ガラスに手を差し出すと、しっかりハイタッチしてくれるクマがかわいすぎる〜!!

実はこの動物園、6階はそれはそれは怪しげな爬虫類館となっております。
そのお話はまた次回!
アクセス:バンコクの西、チャオプラヤ川を越えたピンクラオ地区にあるパタデパートのピンクラオ店。王宮周辺やカオサン通りからタクシーに乗り、チャオプラヤ川に架かる橋を渡れば前方に「パタ」という、どでかい看板が目に入ってきます。
営業時間:9:00〜18:00 不定休 

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索