page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

父の日のプレゼントに、タイシルク(風?)のネクタイはいかが?


掲載日:2008/05/28 テーマ:ショッピング 行き先: タイ / バンコク

タグ: お土産 お得 ショッピング 安い


ネクタイが1本99バーツ(約300円)からズラリ

タイシルク風のネクタイが1本99バーツ!(約300円)。縫製もしっかりしていて柄も豊富。父の日や会社の方へのお土産にどうぞ♪ タイシルク風のネクタイが1本99バーツ!(約300円)。縫製もしっかりしていて柄も豊富。父の日や会社の方へのお土産にどうぞ♪

6月の第二週は父の日ですが、みなさんもうプレゼントは考えましたか? 母の日はカーネーションというわかりやすい物があるのに対して、なんだか曖昧な父の日。私は毎年何をプレゼントすべきか悩むのですが、今年はコレに決定です! それは、ネクタイ★ まぁ、ベタなアイテム…と思いますが、ベタってことはそれだけ失敗が少ないってこと。迷ったときは定番アイテムに限るのです! とはいえ、日本ではネクタイ1本1万円はアタリマエ。安い物もあるけれど、やっぱり見た目も安っぽいんですよね。でもここのは違う! 安くて見た目は超リッチ。タイシルクと見まごうネクタイが1本300円から揃うのです!

場所は激安アイテムの宝庫、チャットチャックにあります

無地やストライプなど定番柄も豊富で、日本のサラリーマンにはうれしい品揃え★ 毎日使うものだからここでまとめ買いしちゃいましょう! 無地やストライプなど定番柄も豊富で、日本のサラリーマンにはうれしい品揃え★ 毎日使うものだからここでまとめ買いしちゃいましょう!

そのお店の名前は「サワディーネクタイ」。ウィークエンドマーケットに週末のみ出展するネクタイ専門店なのですが、驚くべきはその品数! たった2畳ほどの狭いスペースに約300本以上のストックを誇ります。それだけあればもちろん色も柄も豊富。シンプルなストライプ柄をはじめ、タイらしい象やムエタイ選手のイラスト入りなど実にさまざまで、しかも価格帯は200バーツ(約600円)〜300バーツ(約900円)がメインとプチプライス!! さらにまとめて買えば安くなるオマケつき★ となれば、父の日だけならず、お父さんの誕生日の分、さらにはおじいちゃんの分までと、大量にまとめ買いしちゃいましょう♪

高級志向の人にはギフトボックス入りのタイシルクを♪

タイならではのトゥクトゥク柄やムエタイ柄はウケ狙いのお土産にぴったり♪ 1本200バーツ(約600円)ですが、まとめて買うと安くしてくれます。 タイならではのトゥクトゥク柄やムエタイ柄はウケ狙いのお土産にぴったり♪ 1本200バーツ(約600円)ですが、まとめて買うと安くしてくれます。

でもプレゼントだし、もう少しちゃんとしたのを贈りたいという人にはガラスケースに入った「高級品」をどうぞ(笑)。純100%タイシルクの品物で、ネクタイと同柄カフスとギフトボックス付き! これなら見栄えもいいし、会社の上司へのお土産にも喜ばれそうです。気になるお値段ですが…それでも1000バーツ(約3000円)!! ちなみに同じものをバンコク市内のデパートで買うと3倍は確実。どれだけお得かわかりますか? 

狙いは午前中。その日一番のお客さんにはオマケが♪

2畳ほどの小さなお店なので、見逃さないで! 日本語はNGですが、電卓も用意されてるので値段交渉は問題ナシ。その日1番のお客さんになるとオマケしてもらえるかも!? 2畳ほどの小さなお店なので、見逃さないで! 日本語はNGですが、電卓も用意されてるので値段交渉は問題ナシ。その日1番のお客さんになるとオマケしてもらえるかも!?

このお店、子供を抱えたお母さんが店番をしているのですが、このお母さんが優しくて明るいいい人! 日本語は通じませんが、笑顔とジェスチャーで値段交渉もクリアできます。しかも、このお母さん。ゲン担ぎのためとかで「その日1番のお客さんにはサービス」してくれちゃう♪ この前、ラッキーにもその座をGETしたのですが、合計350バーツの(約1050円)のところを300バーツ(約900円)にディスカウントしてくれました。早起きは三文の得とはこのこと!? みなさんも午前中に出かけてみてくださいね!

【関連情報】

■ Sawasdee Neck Tie(サワディーネクタイ)
ウィークエンドマーケット内セクション24の角。
アクセス:BTSスカイトレイン「Mo Chit(モーチット)」駅、もしくは地下鉄「Jatujak(チャットチャック公園)」駅下車すぐ。
※お店にはエントランス1を利用するとすぐ目の前がセクション24なので、近道です。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索