page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・バーゲンの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

半額は当たり前!! 半期に1度の大セール中のバンコクへ急げ!


掲載日:2008/07/04 テーマ:バーゲン 行き先: タイ / バンコク

タグ: お得 バーゲン ブランド 安い 洋服


買ってすぐ使えるアイテムが断然お得に買えちゃいます!

人気ブランドの店内は人・人・人の大混雑! 欲しいものはまず手にとって、あとでゆっくり物色するのが鉄則です! 人気ブランドの店内は人・人・人の大混雑! 欲しいものはまず手にとって、あとでゆっくり物色するのが鉄則です!

今、バンコクはサマーセールの真っ只中!! デーパートやショッピングモールのあちらこちらで「50%OFF」「70%OFF」という赤文字が躍っています。バンコクでは夏と冬の2回、国内中で大セールが行われるのですが、日本人観光客にとってオススメなのはズバリ、今真っ只中のサマーセール☆ なぜかって? それは南国バンコクは年中暑いわけで、冬のバーゲンでも売られているのは夏服(笑)。まれにコートなんかも見られますが、買ってすぐに着られるアイテムはあまりないんです。でも今ならこれから真夏を迎える日本にドンピシャなアイテムがざっくざく見つかるというわけなのです!

最大70%オフのお買い得品もざっくざく!

上質でシンプルなカジュアルウエアがそろう「GIORDANO」はアジアを中心に展開するブランド。最低でも70%OFFという太っ腹で、Tシャツが一枚100バーツ(約320円)〜買えちゃいます! 上質でシンプルなカジュアルウエアがそろう「GIORDANO」はアジアを中心に展開するブランド。最低でも70%OFFという太っ腹で、Tシャツが一枚100バーツ(約320円)〜買えちゃいます!

半期に一度の大バーゲンですから、値下げ額もハンパじゃありません。半額は当たり前、70、80%オフのアイテムがズラリ! たとえば日本にも店舗を持ち、カジュアルウエアからフォーマルスタイルまで揃う万能ブランドの「MANGO(マンゴ)」。そのTシャツが150バーツ(約500円)、ドレスが700バーツ(約2200円)で買えちゃいます。ブランド物でそのお値段ですから、普段から安いショッピングモールのアイテムなんて思わず笑っちゃうようなお値段。199バーツ(約620円)、299バーツ(約920円)なんて値段でバッグや靴が手に入ります!

日本ではセールにならないような憧れブランドもOFF!

普段使いにピッタリなミニバッグがズバリ199バーツ(約620円)。1000円でお釣りが来るなんて! ここはまとめ買いも大いにアリとしましょう 普段使いにピッタリなミニバッグがズバリ199バーツ(約620円)。1000円でお釣りが来るなんて! ここはまとめ買いも大いにアリとしましょう

さらにうれしいことに、バンコクのセールでは「FENDI(フェンディ)」や「GUCCI(グッチ)」などの高級ブランドまでセールになるんです! 日本じゃちょっと考えられませんよね? しかも割引額は太っ腹に30%OFF〜! 5万円するバッグや靴が3万5000円で買えちゃうとは…。思わず欲しくなる自分を許してあげたくなりますよね。私も前から狙っていたGUCCIのパンプスがなんと40%OFF! 思わず衝動買い…と思ったのですが、悲しいかなサイズが合わず。セールは早いもの勝ちってことを改めて痛感したのでした。

お得なセールは8月まで。夏休みはぜひ、お買い物をしにバンコクへ!

人気ブランドのMANGOや、憧れブランドGUCCI,FENDIもセール中! 日本では手が出ないアイテムもバンコクなら買えちゃうかも! 急げーー! 人気ブランドのMANGOや、憧れブランドGUCCI,FENDIもセール中! 日本では手が出ないアイテムもバンコクなら買えちゃうかも! 急げーー!

このセールは8月いっぱい続くので、夏休みを利用した旅行にピッタリです! 航空券やツアー代金が高くなる時期ですが、お買い物メインの旅行にするならかなりお得! 日本でも続々セールが始まる時期ですが、元値を考えればタイのセールの安さはハンパじゃない! 週末を利用してお買い物ツアー。そんなバンコクの楽しみ方はいかがですか?

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索