page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

毎日食べても飽きないCuteなアイス屋さん、バンコクに出現☆


掲載日:2008/07/22 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: タイ / バンコク

タグ: おいしい スイーツ フルーツ 安い


サイアムスクエアにできた、ピンクのアイス屋さん

トッピングは全部で40種類以上! 毎日変わるので、いつ行っても飽きないのがいい☆ 南国ならではのフレッシュフルーツがイチオシです トッピングは全部で40種類以上! 毎日変わるので、いつ行っても飽きないのがいい☆ 南国ならではのフレッシュフルーツがイチオシです

ショッピングエリアの密集地帯、Siam Square(サイアムスクエア)は日本で例えるなら原宿、渋谷といった感じの場所。つまり、流行りの最先端! ファッションアイテムはもちろん、カルチャー、グルメ。色んなものがここから発信されていくので、お店の移り変わりも早い早い! そんなサイアムスクエアに新たに登場し、連日にぎわっているお店を発見! ピンクの外観がめちゃくちゃCuteなこのお店は「Candy World(キャンディー ワールド)」。キャンディーショップのような名前ですが、実はアイスクリーム屋さんなんです。

ガラスケースにズラリと並ぶのは…あれれ、アイスじゃない!

ピンクのCuteな看板と、ソフトクリームのランプが目印。狭い店内は老若男女、おいしいアイスを求める人で大混雑!! ピンクのCuteな看板と、ソフトクリームのランプが目印。狭い店内は老若男女、おいしいアイスを求める人で大混雑!!

入ってすぐ、目に飛び込んでくるのがアイスクリーム屋さん独特のガラスケース。中をのぞけば色とりどりの…??? あれれ、アイスが並んでません。普通、ガラスケースの中にチョコレートやバニラ、ストロベリーといったアイスクリームが並んでますよね。でもここのケースに並ぶのはマンゴーや板チョコ、チーズケーキにブラウニー、はたまたチョコチップクッキーやグミといったお菓子やフルーツの数々。はい、そうなんです。このケース内のアイテムはすべてトッピング。ここはトッピングを自由自在に選んでオリジナルのアイスを作ってくれるショップなのです♪

アイスは2種類。レモン味がおすすめです!

レモンベースのさっぱりフレーバーにマンゴーとメロンをトッピング。かなりボリューム満点なので、よくばってトッピングすると後で後悔しますよーー! レモンベースのさっぱりフレーバーにマンゴーとメロンをトッピング。かなりボリューム満点なので、よくばってトッピングすると後で後悔しますよーー!

ではそのトッピング類を乗せるベースとなるアイスクリームはどんなお味かといいますと、用意されてるのはたった2種類。レモンフレーバーのさっぱり系と濃厚バニラとチョコがミックスされたスイート系です。それだけ頼むことももちろんOKでその場合単品で40バーツ(約120円)。日本のソフトクリームよりもたっぷりとよそられたサービスサイズでこの値段なのもうれしいですよね♪ そしてそこにトッピングする場合、チョイスによって値段は変わりますが30バーツ〜100バーツ(130円〜320円)とリーズナブル!

かなりボリューム大なので、乗せすぎにはご注意を!

店員さんはめちゃくちゃフレンドリー。日本語はあいさつ程度しかできませんが、トッピングは指をさせばOKなので問題ナシ。2種類のアイスも試食させてくれます♪ 店員さんはめちゃくちゃフレンドリー。日本語はあいさつ程度しかできませんが、トッピングは指をさせばOKなので問題ナシ。2種類のアイスも試食させてくれます♪

どれもおいしそうだし、リーズナブルとなれば、ついついアレコレ乗せたくなりますが、かなーりテンコ盛りでくるのでそのつもりでオーダーを(笑)。ちなみに、私はさっぱり味のレモンフレーバーにマンゴーやパイン、ライチやキウイなどのフレッシュフルーツを乗せるのがオススメですが、甘系の人はミックスベースにブラウニーやチョコチップクッキーなんていかが? 見た目にも楽しいアイスクリーム。買い物の合間の休憩にぴったりなお店のご紹介でした♪

【関連情報】

チェリーやライチ、ナタデココやフルーツのシロップ漬けなどどれにしようか真剣に悩んでしまうトッピングのラインナップ☆ 決めきれなかったら連日で通っちゃいましょう♪ チェリーやライチ、ナタデココやフルーツのシロップ漬けなどどれにしようか真剣に悩んでしまうトッピングのラインナップ☆ 決めきれなかったら連日で通っちゃいましょう♪

■ Candy World(キャンディー ワールド)
アクセス:BTS Siam(サイアム)駅下車、Siam Center(サイアムセンター)と反対口を降り、タイしゃぶのMK(エムケー)の角を曲がって中央辺り。駅から徒歩2分。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索