page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

チャットチャックのオアシスで、ヨーロピアンな雰囲気漂うオシャレギフトをGET☆


掲載日:2008/08/04 テーマ:ショッピング 行き先: タイ / バンコク

タグ: お土産 ショッピング 雑貨 市場


熱くて暑い、チャットチャックの中にオアシス発見!

フレンチな香り漂うハイセンスなアロマグッズの数々は見てるだけでうっとり。バラ型のキャンドルは黒や赤などほかのショップにはない幻想的なカラーバリエに注目! フレンチな香り漂うハイセンスなアロマグッズの数々は見てるだけでうっとり。バラ型のキャンドルは黒や赤などほかのショップにはない幻想的なカラーバリエに注目!

チャットチャックといえば、今までに何度もご紹介している週末だけに開かれる巨大ウィークエンドマーケット。広大な敷地に約1万店ものショップ…いや、露店と言った方が正確なお店がズラリと軒を並べている市場で、その熱気たるや想像以上。タイの暑さも加わって、とにかく熱くて暑いHOTな場所なのですが、そこでオアシスを発見しました!! それが今回ご紹介する「MONTRA SENSE(モントラ センス)」、キャンドルやアロマグッズを扱うショップです。  

オシャレな店内は涙が出るほどうれしいクーラーつき!!

アルミニウム製のキャンドルホルダーは650バーツ(約1900円)。キャンドルは6種類の香りがあるので、合わせて買いたい! クレジットカードも使用OKです アルミニウム製のキャンドルホルダーは650バーツ(約1900円)。キャンドルは6種類の香りがあるので、合わせて買いたい! クレジットカードも使用OKです

何がオアシスかと申しますと、このショップ。チャットチャックには珍しくエアコンがかかってるんです!! 汗だくになりながら買い物をしていて、このショップに辿り着いたときの感激ったら☆ しかもガラス張りの店内にはレモングラスの香りがふんわりと漂い、今までの暑苦しさがウソのような癒しの空間。控えめな照明と、バラやゆりの花をふんだんにつかったゴージャスなインテリア。ここがチャットチャック?? と思わずにはいられないオシャレさなのです。

元は高級デパートに店舗を構える人気ショップ

落ち着いた照明の中にキャンドルが灯る店内はアロマオイルの香りが漂う素敵な空間。チャットチャックには珍しいエアコン付きのショップなので、ついつい長居しちゃう! 落ち着いた照明の中にキャンドルが灯る店内はアロマオイルの香りが漂う素敵な空間。チャットチャックには珍しいエアコン付きのショップなので、ついつい長居しちゃう!

それもそのはず、このショップ。数年前には日本人観光客にも人気の高級デパート「Emporium(エンポリアム)」や「Siam Paragon(サイアムパラゴン)」の中にショップを構えていた人気店なのです。それだけに扱うアイテムもものすごくオシャレ。黒をメインカラーとしているので、全体的にシックなアイテムが多いのですが、黒いバラのキャンドルや、情熱的な赤いロングキャンドルといった幻想的なアイテムはタイ雑貨に飽きた人にもググッと響くこと間違いナシです!

オリジナルのアルミニウム製品は必見!

入り口には大きな看板が出ているので見つけやすい! といっても、ショップはチャットチャックに似つかないオシャレっぷりなので、目の前を通れば誰もが目を引くハズ! 入り口には大きな看板が出ているので見つけやすい! といっても、ショップはチャットチャックに似つかないオシャレっぷりなので、目の前を通れば誰もが目を引くハズ!

そしてこのショップで目に付くのが一見、ステンレスに見えるキャンドルホルダーやシャンパンクーラーといったシルバーのアイテムたち。実はこれ、すべてアルミニウムでできていて、ひとつひとつハンドメイドという手の込んだ一品なのです。ステンレスに比べて軽いのでお土産にもピッタリ! お香を立てるインセンスホルダーは200バーツ(約620円)〜とお手頃なので、お香と一緒にギフトにしてはいかがでしょう? クーラーの効いたオアシスでハイセンスなショッピング。チャットチャックにいることを一瞬忘れる、素敵なお店の紹介でした。

【関連情報】

■ MONTRA SENSE(モントラ センス)
アドレス:Jatujak Market Section11,Soi 12/8
TEL:038-825118
アクセス:BTSスカイトレインMo Chit(モーチット)駅、もしくは地下鉄Jatujak(チャットチャック)公園駅下車。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/08/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索