page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

タイ旅行の思い出を飾るのにピッタリ!素敵なフォトフレームはいかが?


掲載日:2008/10/09 テーマ:ショッピング 行き先: タイ / バンコク

タグ: お土産 かわいい ショッピング 安い 雑貨


お店は小さいけど、存在感たっぷりの素敵なお店!

扱うアイテムはすべて天然樹脂&繊維を使ったガラスに天然素材を埋め込んだもの。人気のフォトフレームは3サイズで350バーツ(約1090円)〜。バンコク旅行の思い出を飾るのにピッタリ! 扱うアイテムはすべて天然樹脂&繊維を使ったガラスに天然素材を埋め込んだもの。人気のフォトフレームは3サイズで350バーツ(約1090円)〜。バンコク旅行の思い出を飾るのにピッタリ!

今回ご紹介するのは週末だけ開かれる巨大市場、ウィークエンドマーケット(通称JJ)の中にある小さな小さなお店です。そんな小さなお店じゃ見逃してしまいそう!? いえいえ、ご心配はいりません。そのお店のある通りにさえ辿り着けば、絶対に足が止まるから! それくらいこのお店の商品は素敵でインパクト大☆ 思わず買いたくなる、そんなアイテムがいっぱいの「Yod's Handy(ヨッズ ハンディ)」情報をお届けします!

地球にも人にも優しい、ナチュラルアイテム。

フォトフレーム以外にもソープディッシュやコースター、ペーパーウエイトなどお部屋にちょこっと置くだけで素敵な空間を作ってくれるアイテムがズラリ。99バーツ(約310円)〜とお手頃価格も魅力的! フォトフレーム以外にもソープディッシュやコースター、ペーパーウエイトなどお部屋にちょこっと置くだけで素敵な空間を作ってくれるアイテムがズラリ。99バーツ(約310円)〜とお手頃価格も魅力的!

このお店ではフォトフレームをはじめ、コースターやソープディッシュ、ペーパーウエイトなどの小物を扱っているのですが、それらはすべてハンドメイド! 透明のガラスに花びらや貝をそのまま閉じ込めたようなデザインが特徴ですが、これらの素材はすべて天然ものなのです。閉じ込められた花びらや木、貝などはもちろんですが、ガラスを作る繊維や樹脂もすべて天然物を使用しているというこだわりよう!! 地球にも人にも優しいアイテムをというデザイナーの気持ちが伝わってきますよね。

人気は3サイズあるフォトフレーム!

裏側にキャンドルを灯すようにデザインされたキャンドルホルダー。ガラス越しに炎が揺らめいて、ガラスの中に入った貝殻や水草を違った雰囲気に映し出してくれます。370バーツ(約1150円) 裏側にキャンドルを灯すようにデザインされたキャンドルホルダー。ガラス越しに炎が揺らめいて、ガラスの中に入った貝殻や水草を違った雰囲気に映し出してくれます。370バーツ(約1150円)

そしてこのお店のイチオシアイテムはずばり、フォトフレーム! タイの国花であるランの花びらやバラを埋め込んだ華やかなものから、シナモンや水草を使ったシンプル&クールなものまでバリエーション豊かにラインナップ。大きさも3タイプあり、一番小さいものが350バーツ(約1090円)、中くらいのものが450バーツ(約1400円)、大きいものが550バーツ(約1710円)といったお値段です。定番サイズの写真を飾るなら中くらいの大きさがオススメ。バンコクで撮った旅の思い出写真を、バンコクの天然素材のフォトフレームにしまう。とても素敵な思い出の残し方だと思いませんか?

おみやげにピッタリなコースターは99バーツ(約310円)とお買い得♪

フォトフレームに続いて人気なのがコースター。透明のガラスのコースターは清涼感たっぷりで、冷たいお茶やジュースを美味しく引き立ててくれること間違いナシ! 逆にシナモンや枝が使われたコースターなら、ガラスの冷たさを緩和してくれるので暖かい飲み物にもしっかりマッチしてくれます。一枚一枚丁寧に作られたコースターは同じ素材を使っていても、全部が微妙に色や風合いが違うのが魅力。もちろん、それはコースターに限らずすべてのアイテムにいえること! 自分の選んだアイテムは世界に1つだけ☆ タイの魅力をふんだんに閉じ込めたナチュラル雑貨、ぜひ手にとってみてくださいね。

【関連情報】

■ Yod's Handy(ヨッズ ハンディ)
住所:Jatujak Market、Section3 Soi46/2,No293
TEL:66-0-860867753
アクセス:BTSスカイトレインMo Chit(モーチット)駅または地下鉄Jatujak Park(チャットチャック公園)下車、徒歩すぐ。
※Webサイト www.yodshandy.comには最新作の写真がいっぱい載ってます☆

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索