page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

あの人気マンゴーCafeが市場の中に登場!ウィークエンドマーケットでひと休み☆


掲載日:2008/10/29 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: タイ / バンコク

タグ: おいしい カフェ フルーツ 安い 市場


あの人気店が市場にオープン!

タイを訪れたら絶対食べたいマンゴー☆ 完熟マンゴーにプリン、さらにはアイスが乗った贅沢なメニュー「マンゴタンゴ」は100バーツ(約300円)!飲み歩きにはマンゴースカ65バーツ(約190円)がお勧め☆ タイを訪れたら絶対食べたいマンゴー☆ 完熟マンゴーにプリン、さらにはアイスが乗った贅沢なメニュー「マンゴタンゴ」は100バーツ(約300円)!飲み歩きにはマンゴースカ65バーツ(約190円)がお勧め☆

「Mango Tango」(マンゴタンゴ)というお店があります。その名前の通り、マンゴー専門のCafeでサイアムスクエアにあるお店は連日大にぎわいの人気店! その人気は国境を超え、日本の代官山にもSHOPができたというくらいなんです☆ そのマンゴータンゴがウィークエンドマーケット(通称JJ)にオープンしていましたー! オープンしたのはけっこう前なのですが、意外と知られていないようなので、お知らせしちゃいます!

市場内の一角に、がんばってオシャレして佇んでます

白壁をマンゴーめがけて歩きまわるアリさんのイラストがCute♪ 市場の中とは思えないオシャレな空間を作ることに成功してます! 白壁をマンゴーめがけて歩きまわるアリさんのイラストがCute♪ 市場の中とは思えないオシャレな空間を作ることに成功してます!

どんどんオシャレに変貌を遂げていくウィークエンドマーケットとはいえ、やはり市場は市場。きっとサイアムのようにオシャレなCafeにはならないだろうなぁと思っていましたが…失礼! 古着屋の集まるエリアの中で異様ともいえるアカ抜けたスペースを確立しておりました! テーブルは3つしかありませんが、マンゴーカラーを基調としたコーディネートをそのままに、マンゴーめがけてアリさんたちがうろうろしてるというPOPな壁紙をアクセントにしたかわいいお店になってます。木目を生かしたカウンターもいい感じで、スタッフもお揃いのTシャツでお出迎え。屋台はちょっと苦手…という人も安心して休憩できるスペースです☆

イチオシはテイクアウトできるマンゴースカ☆

木目を生かしたカウンターと、オレンジ色の看板が目印♪ タイ語がしゃべれなくてもメニューにはすべて写真が載っているので指させばOKです☆ 木目を生かしたカウンターと、オレンジ色の看板が目印♪ タイ語がしゃべれなくてもメニューにはすべて写真が載っているので指させばOKです☆

さて、気になるメニューですが、うれしいことにサイアムスクエアと一緒☆ 市場だからって手抜きをしないのがさすがです♪ 一番人気は「マンゴタンゴ」! 完熟マンゴーとマンゴープリン、さらにマンゴーアイスがワンプレートになってたった100バーツ(約300円)☆ これ、代官山で食べたら1500円はするそうですよ。でも、私がここウィークエンドマーケット店でお勧めするのは「マンゴースカ」! マンゴーをたっぷり使ったスムージーで、中には完熟マンゴーをクラッシュした果肉入り☆ これなら飲み歩きできるので、買い物しながらでも楽しめちゃう。しかもお値段65バーツ(約190円)と激安です!

近くにはオシャレなデザイナーズブランドエリア♪

ひそかにチェックしてほしいのがここの紙ナプキン。マンゴーの成分分析が書かれてるのですが、オチャメで思わず持ち帰りたくなっちゃいます♪ ひそかにチェックしてほしいのがここの紙ナプキン。マンゴーの成分分析が書かれてるのですが、オチャメで思わず持ち帰りたくなっちゃいます♪

この場所は先ほども書きましたが、古着が密集するセクション4の終わり、セクション3の始まりあたりにあるのですが、このセクション3は今、注目の若手デザイナーたちが次々とSHOPをオープンさせている一番アツイ場所なんです! じっくり見たいエリアだけにひと休みは必須。そんなとき、フレッシュマンゴーで喉を潤すことができるなんてうれしいですよね☆☆ 日本で食べたら何倍もするマンゴーを市場の片隅でサクッと食べる。なんて贅沢なんでしょう♪ お買い物の合間にぜひ立ち寄ってくださいね!

【関連情報】

■マンゴータンゴ
ウィークエンドマーケット(チャットチャック)内セクション3
アクセス:BTS Mo chit(モーチット)駅、もしくは地下鉄チャットチャック公園駅下車。
マンゴタンゴやマンゴースカのほかにマンゴープリン80バーツ(約240円)など食べてみたいメニューがズラリ☆

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索