page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

帰国間際の駆け込み土産はここでGET!チットロムのナイトバザール


掲載日:2008/11/28 テーマ:ショッピング 行き先: タイ / バンコク

タグ: お土産 ショッピング 安い 屋台 雑貨 市場


観光客にとって便利なナイトバザール

毎晩19時過ぎくらいから出始める屋台の数々。現地人から観光客までいろんな人でにぎわいます。バラマキ土産に◎な雑貨からアパレルアイテムまで種類も豊富で激安! 毎晩19時過ぎくらいから出始める屋台の数々。現地人から観光客までいろんな人でにぎわいます。バラマキ土産に◎な雑貨からアパレルアイテムまで種類も豊富で激安!

BTS Chit Lom(チットロム)駅周辺はデパートの伊勢丹、巨大スーパーマーケットBig C(ビッグC)、ブランド店が密集してるGaysorn Plaza(ゲイソンプラザ)など大きなショッピングスポットが点在しているエリアです。ホテルも多く、観光客は一度は足を運ぶスポットではないでしょうか? そのエリア、昼はもちろん、夜もおもしろいショッピングスポットに変身するってご存知でしたか?? 今回はチットロム周辺に夕方から開かれるナイトバザールをご紹介します!

アイテム豊富で明瞭会計。観光客に優しいバザール

商品にはすべて大きな文字で値段が書いてあるので安心!まとめて買えば安くしてくれることもあるので、笑顔で話しかけてみるのも手♪ 商品にはすべて大きな文字で値段が書いてあるので安心!まとめて買えば安くしてくれることもあるので、笑顔で話しかけてみるのも手♪

夕方から少しずつどこからともなくやってきては開かれる屋台の数々。どれもただ布を広げて、その上に商品を並べたり、壁にズラリとかけただけの簡易屋台ですが、商品のラインナップはあなどれません! Tシャツや下着などのアパレル系から、アクセサリー。それにタイならではの木彫りの置物やお香まで。とにかく色んな屋台が出現します。しかも他のエリアのナイトバザールに比べて値段もチープだし、何より大きく値段が書かれているのでボラれる心配もないのがうれしいんです☆

オススメはBig Cの周辺☆

お土産にピッタリなTシャツは69バーツ(約210円)〜。サイズ展開も豊富なので安心!しかも作りがしっかりしていて、安いのに襟がびろ〜んと伸びたりしないスグレモノ! お土産にピッタリなTシャツは69バーツ(約210円)〜。サイズ展開も豊富なので安心!しかも作りがしっかりしていて、安いのに襟がびろ〜んと伸びたりしないスグレモノ!

バザーが密集してるのはGayson Plazaの前とスーパーBig Cの前辺り。Gaysonの前には時計やワイヤーで作った置物、天然石のアクセサリーなど小物が多く売られていて、Big Cの前はアパレル系が多いのが特徴。オススメはBig C周辺で、かわいくてお土産にも自分用にもピッタリのプチプラアイテムがざっくざく! プリントTシャツは69バーツ(約210円)〜、ネックレスは30バーツ(約90円)〜と激安!! TシャツのサイズもベビーからXXLのメンズサイズまで豊富に揃うので「あの人にお土産忘れた!」ってときに便利ですよね?

Cuteなカットソーも100バーツ(約300円)で買えちゃう

天然石を使ったブレスレットは50バーツ(約150円)〜♪デザインもカラーも豊富なので目移り必須!お土産はもちろん、その場で買って現地でオシャレを楽しむのにもってこいです☆ 天然石を使ったブレスレットは50バーツ(約150円)〜♪デザインもカラーも豊富なので目移り必須!お土産はもちろん、その場で買って現地でオシャレを楽しむのにもってこいです☆

さらにこの周辺はオシャレゾーンってこともあり、屋台のアイテムのクオリティーが高いのもウリ。とくにレディースのカットソーやスカートはトレンドを意識したデザインのものが多く、しかも100バーツ(約300円)〜とショップで買うより断然お得なんです! 半袖やタンクトップが多いので、これから日本で着る機会は少なくなっちゃうと思いますが、現地で楽しむ分には十分!! 現地ウエアとして衝動買いしたくなること確実です☆ お土産から服までかわいいものが安く、安心して買えるチットロムのナイトバザール。ぜひ覗いてみてくださいね。

【関連情報】

■チットロムのナイトバザール
アクセス:BTS Chit Lom(チットロム)駅下車。駅からスーパーBig C(ビッグC)に向かって歩く通りに夕方から夜にかけて多く屋台が出現します。狙いは19時以降!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/11/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索