page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

360度ロマンティックビュー!5つ星ホテルのBarでリッチなひとときを


掲載日:2009/05/15 テーマ:お酒・バー 行き先: タイ / バンコク

タグ: バー・パブ 音楽 穴場 絶景 夜景


名前の通り、360度見渡す限り絶景です!

チャオプラヤ川を真下に見下ろし、宝石のように輝くビル郡にうっとり♪いつまで見ていても飽きることないバンコクの夜景を思う存分堪能してください! チャオプラヤ川を真下に見下ろし、宝石のように輝くビル郡にうっとり♪いつまで見ていても飽きることないバンコクの夜景を思う存分堪能してください!

今回ご紹介するのは「Three sixty Lounge(スリー・シ+B24クスティー・ラウンジ)」、Millennium Hilton Bangkok(ミレニアム・ヒルトン・バンコク)ホテルの最上階に位置するラウンジです。その名の通り360度見渡す限りの絶景がウリの円形型ラウンジで、窓際から眺める景色はため息のひとこと!! 説明するよりとにかく見て欲しい☆という、ロマンティックビューが堪能できる場所。旅の思い出をよりリッチにしてくれること確実のおすすめラウンジをご紹介します!

まだまだ穴場的な感じが、これまた素敵

対岸に見えるホテル郡。その最上階にも夜景を見渡せるバーはありますが、アクセスがいいだけに観光客でいっぱい! その点、ここなら静かにゆったりと過ごすことができるのです♪ 対岸に見えるホテル郡。その最上階にも夜景を見渡せるバーはありますが、アクセスがいいだけに観光客でいっぱい! その点、ここなら静かにゆったりと過ごすことができるのです♪

このラウンジがあるミレニアム・ヒルトン・ホテルは暁の寺やエメラルド寺院が立ち並ぶチャオプラヤ川の河畔にあります。そのため、周囲にはホテルやレストランが少なくバンコク中心部にくらべてとっても静か。また、中心部から離れていることが逆にメリットとなって観光客が多くないのもポイントです。つまり、夜景を見渡せる場所はバンコク市内にもいくつかありますが、ゆったりと静かに落ち着いて過ごせるのは、ここ「Three Sixty」が一番?!ってこと♪ この「知る人ぞ、知る!」穴場感、ちょっと体験してみたくなるでしょう?

Jazzの生演奏も楽しめます

360度ぐるりと窓で囲まれたラウンジは、どの席からも最高の眺めを楽しむことができる。大きくてふかふかのソファーは時間を忘れさせる心地よさ! 360度ぐるりと窓で囲まれたラウンジは、どの席からも最高の眺めを楽しむことができる。大きくてふかふかのソファーは時間を忘れさせる心地よさ!

このラウンジのウリは絶景だけじゃなく、選りすぐりのJazzアーティストが奏でる生演奏。夕方5時のオープン時からピアノの演奏が始まり、7時、8時頃にはウッドベースやボーカルも入った本格的なライブが開催されます。Jazzライブを堪能するもよし、少し離れた席でJazzをBGMにカクテルや夜景を楽しむもよし。壮大な景色と心地いい生演奏に包まれた空間で過ごす…、そんな贅沢な時間を旅の一瞬に加えてみませんか?

カクテルの値段は日本並み。でも、景色と雰囲気を考えたら…

ロンググラスに注がれたオリジナルのカクテルは380バーツ(約1200円)、ミントたっぷりのモヒートは300バーツ(約900円)。日本と同じ値段でも、夜景と雰囲気を考えたら絶対安い!! ロンググラスに注がれたオリジナルのカクテルは380バーツ(約1200円)、ミントたっぷりのモヒートは300バーツ(約900円)。日本と同じ値段でも、夜景と雰囲気を考えたら絶対安い!!

気になるお値段はカクテルやビールが380バーツ(約1200円)〜。それに税金がプラスされるので、日本のバーと同じくらいのお値段です。「居酒屋だったら日本の方が安い!」「バンコクなのに高すぎ!!」…はい、そうおっしゃるのもわかりますが、この壮大な夜景と生演奏、バンコクでしか味わえないリッチな雰囲気を考えたら…どうですか? バンコクはチープから高級まで色んな遊び方ができる場所。昼間お安く遊んだ分、たまには夜、贅沢する。そんな遊び方も大いにアリだと思います♪

【関連情報】

■ Three Sixty Lounge(スリー・シクスティー・ラウンジ)
住所:123 Charoennakorn Road, Klongsan, Bangkok(ミレニアム・ヒルトン・バンコク内)33階
TEL:02-442-2000
営業時間:17時〜翌1時
ドレスコード:スマートカジュアル(男性のサンダル、ハーフパンツは気をつけて)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/05/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索