page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ママも子供も大喜びの2ショップをご紹介!


掲載日:2009/08/06 テーマ:ショッピング 行き先: タイ / バンコク

タグ: かわいい ショッピング 安い 雑貨 洋服 欲しい


めまぐるしく変わるチャットチャックの店舗から2店をご紹介。

ノーマルなストローハットがたった50バーツ(約150円)、カラフルなリゾートハットは80バーツ(約240円)と激安の「マットショップ」。日差しの強いバンコクで活躍してくれること確実! ノーマルなストローハットがたった50バーツ(約150円)、カラフルなリゾートハットは80バーツ(約240円)と激安の「マットショップ」。日差しの強いバンコクで活躍してくれること確実!

今回は週末だけに開かれる巨大市場、ウィークエンドマーケット(通称チャットチャック) の中で見つけた、おすすめショップ2つをご紹介! チャットチャックには何千というお店がありますが、人気のないショップはあっという間に消えていくシビアな世界。その代わり続々とNEWショップがOPENしているので毎週目が離せないのです! まず1店舗めは帽子屋さん「MAT SHOP(マットショップ」です。手作りのストローハットを扱うお店なのですが、特筆すべきはなんといっても驚きの値段!!

夏に大活躍のストローハットがなんと150円!

ごく普通のストローハット、日本では安くても1000円はしそうな帽子がなんとたったの50バーツ(約150円)なんです!! 去年から引き続き、ストローハットは夏のトレンドアイテムの1つ。それがたった150円なんて…。思わずお土産に3つもまとめ買いしちゃいました(笑)。ストローハット以外にもツバが広く、リゾート気分満点のサマーハットも80バーツ(約240円)と冗談のような安さ。 色もピンクやブルー、イエローと豊富!! リゾート色が強いので、日本ではちょっと…と思う人も、日差しの強いバンコクでは大活躍間違いナシ! その場の利用だけだとしても240円ならいいと思いませんか?

日本でもネットで人気の子供服!

店頭のマネキンのかわいさにクラッ☆ Tシャツは130バーツ(約390円)、ボトムは150バーツ(約450円)とプチプライスなのも魅力! 店頭のマネキンのかわいさにクラッ☆ Tシャツは130バーツ(約390円)、ボトムは150バーツ(約450円)とプチプライスなのも魅力!

そして2店目が「JUNK KIDS(ジャンクキッズ)」という子供服やさん。市場内とは思えないかわいい店構えから期待できるように、2畳ほどの狭い店内はめちゃくちゃかわいい子供服でいっぱい! 実はこのショップ、バンコクで人気の「JUNK SHOP(ジャンクショップ)」というブランドが立ち上げた子供服ラインで、凝ったデザインと縫製の細かさはお墨付き☆ 日本でもネットで個人輸入する人も多いという、人気ブランドなのです! このブランドの特徴はなんといってもPOPでカラフルなデザイン。お店のコンセプトが「Made in Paradice(楽園製)」というのも納得のCuteさに、大人もクラクラしちゃいます!

絶対チェックなのが激カワ水着♪

激カワのイチゴちゃん水着。帽子もセットになって450バーツ(約1350円)! 子持ちの友達へのお土産にしたら大喜びされました♪  激カワのイチゴちゃん水着。帽子もセットになって450バーツ(約1350円)! 子持ちの友達へのお土産にしたら大喜びされました♪ 

子供服はかわいいけれど、すぐ大きくなっちゃうのであまり高いものは買えない…という声をよく聞きますが、そんなママにこそおすすめなのがこのショップ。赤ちゃん用のロンパースは180バーツ(約540円)、よだれかけは100バーツ(約300円)と激安☆ これなら衝動買いしてもいいですよね? さらにイチオシなのが水着!! 着るとミツバチになるものや、イチゴちゃんなどなど。子供を着せ替え人形にしたくなるCuteなデザインがてんこもり! お値段は450バーツ(約1350円)〜と少し高めですが、ぜひチェックしてもらいたいアイテムです。

☆Data☆

「マットショップ」Section16 Soi24、
「ジャンクキッズ」Section18 Soi7、081-336-3447 
アクセス:ともにBTSスカイトレイン「MoChit(モーチット)」駅、もしくは地下鉄「Chatu Chak Park(チャットチャック公園)」駅下車。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/08/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索