page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

気になる名前のブティックはプチプラ服の宝庫でした!


掲載日:2010/05/21 テーマ:ショッピング 行き先: タイ / バンコク

タグ: お土産 かわいい ショッピング 安い 雑貨 洋服


「気に入りました」……?

店頭に並んだマネキンよりも、まずその名前に目を奪われたニューショップ「Kini irimashita」。オーナーは日本人に違いないと思ったら、日本好きのタイ人でした! 店頭に並んだマネキンよりも、まずその名前に目を奪われたニューショップ「Kini irimashita」。オーナーは日本人に違いないと思ったら、日本好きのタイ人でした!

バンコクの中心地Siam(サイアム)。ここは大きなショッピングセンターやデパートから、小さなブティックが軒を連ねるSiam Center(サイアム・センター)まで、トレンドアイテムからプチプラグッズまですべてが揃うショッピング天国です。中でもサイアム・センターはショップの移り変わりが速く、ちょっと行かない間に新しいお店が出現なんてことが日常茶飯事。今回ご紹介するショップもそのひとつで、店名は「Kini irimashita」! どう考えても日本語「気に入りました」と思われるネーミングのこのお店。あまりに気になるので調査開始です!

日本のトレンドを意識したラインナップが◎!

入り口に並んだマネキンも、日本で即活躍すること間違いナシなスタイルでお出迎え。ハイウエストスカートにトップスをINしたスタイル。日本の雑誌で今、よく目にしませんか? 入り口に並んだマネキンも、日本で即活躍すること間違いナシなスタイルでお出迎え。ハイウエストスカートにトップスをINしたスタイル。日本の雑誌で今、よく目にしませんか?

デザイナーさんは日本人に間違いない! と思ったのですが、実はタイ人女性ということが判明。なぜこの名前になったのかというと、デザイナーさんは日本人女性のファッションが大好きで、勉強しているうちに「気に入りました」という言葉を覚えたのだとか。それくらい勉強熱心なデザイナーさんだけに、扱う商品も日本のトレンドをしっかり反映したものばかり! 例えば、この春注目のハイウエストスカートや、バンデージスカート。小花柄のシフォンスカートなどなど。日本の雑誌などでよく目にするアイテムがズラリと店内を埋め尽くしています。

店内のものは「ほぼ」350バーツ!

こぢんまりした店内にはアイテムがズラリ! 今、一番人気のタイトスカートはデザインも豊富ですべて350バーツ(約1150円)とお手頃です♪ こぢんまりした店内にはアイテムがズラリ! 今、一番人気のタイトスカートはデザインも豊富ですべて350バーツ(約1150円)とお手頃です♪

気になるお値段ですが、ブラウスやスカートはほぼ350バーツ(約1150円)!とお手頃☆ これなら「流行モノは気になるけど、柄物やデザイン性の高いアイテムは長く着られないし…」と悩む心配ナシ! 今シーズンだけ思いっきり着倒しちゃおう!!という気分でお買い物できるのが嬉しいと思いませんか? ベルトやバッグをプラスして、トータルコーデでお買い上げしたとしても5000円あればお釣りが来ちゃう安さですから、これを機に普段着なかったようなアイテムに挑戦してみてはいかがでしょう?

サイアム駅からすぐ! わかりやすい場所もポイント

このお店があるのはサイアム・スクエアのSoi3の入り口! BTS Siam(サイアム)駅を降りて、サイアム・スクエアのSoi3を目指せばすぐ左側にあるので、迷う心配ありません☆ 店員さんは日本語NGですが、英語ペラペラなのでタイ語ができなくてもご安心を。夕方になると学生さんやOLさんで賑わっているので、タイガールに混ざって日本のトレンド服をお安くGETしてくださいね〜♪

☆Data☆ kini irimashita(きにいりました)
住所:266/15 Siamsquare Soi3 Rama1,Pratumwan :02−2521613 
営業時間:10〜20時 無休 
アクセス:BTS Siam(サイアム)駅下車、2番出口を出てSoi3通り入り口すぐ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/05/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索