page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・安宿の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

チャオプラヤエクスプレス乗り場のある、サトーン周辺オススメホテル♪


掲載日:2010/05/31 テーマ:安宿 行き先: タイ / バンコク

タグ: お得 安い 安宿 節約


ツアー旅行の「ホテル指定なし」って不安ですよね?

ベッドルームは10畳ほどの広さ。ターンダウンなどのサービスはありませんが、ミネラルウォーターは1日2本もらえるし、アメニティも最低限のものは完備。価格重視型なら文句ナシ! ベッドルームは10畳ほどの広さ。ターンダウンなどのサービスはありませんが、ミネラルウォーターは1日2本もらえるし、アメニティも最低限のものは完備。価格重視型なら文句ナシ!

ツアー旅行を選ぶとき、安いものを探すとホテルの指定がないプランって多いですよね。とくにバンコクは市内に三ツ星以下のホテルがわんさかあるので、「スタンダードクラス指定」というツアーでもホテル候補は無数なんです。そこで今回はスタンダードクラスの中でも使われることが多いホテルの様子をリサーチしてきました! BTS Saphan Taksin(サパーン・タクシン)駅から徒歩2分という好立地にある「Astera(アステラ)」ホテルです!実はこのホテル、アステラの名前になったのは数年前のお話で、かなり昔からある老舗ホテル。リニューアルしたとはいえ、その古さをぬぐうことはできないのですが…。

リニューアルしたとはいえ、正直古い。でもこの広さは魅力!

決して新しくはないけれど、キッチン付きのリビングが。こちらとベッドルームの両方にテレビとバスルームがあるので、2人ユースでもゆったりのんびり部屋を使うことができるのがうれしい! 決して新しくはないけれど、キッチン付きのリビングが。こちらとベッドルームの両方にテレビとバスルームがあるので、2人ユースでもゆったりのんびり部屋を使うことができるのがうれしい!

古いとはいえ、スタンダードクラスの中では群を抜いての広さがウリ!! 部屋にはベッドルームのほかにキッチン付きのリビング。そしてなんとバスルームが2つ! バスルーム2つもいらないよ…と思う人もいるかもしれませんが、実際2つあると本当に便利! 2人ユースの場合は朝の支度もバスタイムも遠慮することなくゆったり時間をかけられますし、1人のときだって1つをバスルーム専用にすればバスタブにお湯を張って、多少床が水びたしになってもトイレは気持ちよく使えるというメリットが♪

ちゃんとプールもあります!

客室に囲まれるように設置されたプール。決して広くはないけれど、暑いバンコク。プールがあるとないとでは気持ちの充実度が全然違います! プールサイドで読書だけでも南国気分♪ 客室に囲まれるように設置されたプール。決して広くはないけれど、暑いバンコク。プールがあるとないとでは気持ちの充実度が全然違います! プールサイドで読書だけでも南国気分♪

スタンダードクラスだとプールナシのホテルが多いのですが、ここは客室に囲まれるように中庭にプール&サンデッキを設置。決して大きくはないけれど、日光浴しながら読書〜なんていう日本ではなかなか味わえない時間を過ごすことができます! プールサイドにはジムもあり、価格重視の長期滞在者には人気のご様子。ほかにもサウナのがあったりとスタンダードクラスにしては施設の充実度は三ツ星クラスの中でもトップクラスです!

そしてどこに行くにも便利な場所、コレが最大のウリ!

そして一番のウリはホテルの立地。BTS Saphan Taksin(サパーン・タクシン)駅から徒歩2分!! サパーン・タクシン駅はBTSはもちろん、チャオプラヤエクスプレスの乗り場があるので、カオサン通りや王宮あたりの電車が通ってない場所へ行くときにとっても便利なんです! 駅前にはロビンソンデパートもあるし、オリエンタルホテルをはじめ、高級ホテルが並ぶのでディナーだけでも高級ホテルのレストランを利用するってのも手!! 旅行中はほとんどホテルにいないから、宿泊先は安く抑えてグルメやショッピングにお金をかけたいって人、オススメです☆

☆DATA☆ ASTERA Sathon(アステラ・サトーン)
住所:143 South Sathorn Road.Yannawa,Sathorn.Bankok
Tel:02-2127090 
URL:www.asterasathorn.com
アクセス:BTS Saphan Taksin(サパーン・タクシン)駅4番出口より徒歩2分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/05/31)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索