ヘルシー&スパイシーなタイ南部料理を食べに行こう☆

タイ・バンコク・グルメの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ヘルシー&スパイシーなタイ南部料理を食べに行こう☆

掲載日:2014/04/13 テーマ:グルメ 行き先: タイ / バンコク ライター:根本聡子

タグ: スパイシー料理 レストラン 魚料理



ABガイド:根本聡子

【タイのABガイド】 根本聡子
全ガイドを見る
海外旅行と美容をメインに執筆中のライター。2000年に初めて訪れたタイの賑やかさと料理のおいしさ、スパの気持ちよさに魅了され、その後3ヶ月に1度ペースでタイに行くほど。ガイドブックや女のコのひとり旅を応援する記事を多く執筆。共著に「ハッピーハッピーバンコク」「新・女ひとり旅読本」(すべて双葉社)など多数。

レモングラスがたっぷり乗った鯛のレモングラスサラダ350バーツ(約1050円)。塩味でシンプルに仕上げた鯛をレモングラスがさわやかに仕上げた一品♪ レモングラスがたっぷり乗った鯛のレモングラスサラダ350バーツ(約1050円)。塩味でシンプルに仕上げた鯛をレモングラスがさわやかに仕上げた一品♪

バンコクに居ながら南部料理が楽しめる!

タイ料理というとトムヤムクン(エビの辛いスープ)やパッタイ(タイ風チャーハン)を思い浮かべる人も多いと思いますが、せっかくならいつもと違うタイ料理を食べてみたいと思いませんか? 南北に長い国土を持つタイは地方によって味も様々。ひと言でタイ料理といっても甘かったり、辛かったり…色んな味が楽しめるのが魅力です。今回ご紹介するのはタイ料理の中でも最も辛いと言われるタイの南部料理! バンコクに居ながら南部本場の味を味わえる「Baan Ice (バーンアイス)」をご紹介します!

 

名物料理カオヤム(ハーブ和えご飯)160バーツ(約480円)。ハーブと野菜をたっぷり使ったご飯はヘルシーで女性からの支持率No.1! 名物料理カオヤム(ハーブ和えご飯)160バーツ(約480円)。ハーブと野菜をたっぷり使ったご飯はヘルシーで女性からの支持率No.1!

野菜たっぷり、ハーブどっさりなヘルシー料理☆

このお店のオーナーはアイスさん。南部出身の祖母の影響で幼いころから料理に慣れ親しんできたというオーナーが、本格的な南部料理を提供してくれます。まずここへ来たら食べて欲しいのが野菜がたっぷりのったカオヤム(ハーブ和えご飯)160バーツ(約480円)。ご飯の上にどっさりと野菜とハーブが盛りつけられたシンプルな一品ですが、一度食べたらヤミツキになること間違いナシ! 調味料で辛さも調節できるので辛いのが苦手な人にもオススメです。野菜たっぷりなのが南部料理の特徴のひとつなのでヘルシー志向の人にもピッタリです☆

 

南部料理に欠かせないサトー豆を使った「パットサトーカピ(サトー豆とシュリンプペースト炒め)」200バーツ(約600円)。サトー豆は独特の臭みと苦みがありますが、コリコリとした食感がやみつきに☆ 南部料理に欠かせないサトー豆を使った「パットサトーカピ(サトー豆とシュリンプペースト炒め)」200バーツ(約600円)。サトー豆は独特の臭みと苦みがありますが、コリコリとした食感がやみつきに☆

辛いのが得意な人は是非チャレンジを!

そして南部料理の特徴といえば「辛いものはとことん辛い!」。「牛肉とトルバム・ビガーのカレー」(300バーツ、約900円)は南部で料理でよくつかわれるターキーベリーという食材が入っていて、辛いうえに少しにがみの効いた味付けが特徴。スパイシーなカレーが好きという人にはハマりそうですが、辛いのが苦手な人は注文時に辛さ控えめのオーダーをするのが無難かも。ほかにも南部料理によく使われるサトー豆を使ったシュリンプペースト炒め(200バーツ、約600円)もピリ辛な一品でオススメです!

 

白とグリーン、茶色をベースとした店内はライブラリーのような落ち着いた雰囲気。ランチ、ディナーともにコアタイムは混雑するので予約することをオススメします。 白とグリーン、茶色をベースとした店内はライブラリーのような落ち着いた雰囲気。ランチ、ディナーともにコアタイムは混雑するので予約することをオススメします。

オシャレなインテリアも必見☆

本格南部料理はもちろんですが、白とグリーンを基調としたモダンなインテリアもオーナー自身がデザインしたもの。ライブラリーのような落ち着いた空間はちょっとオシャレしたディナーはもちろん、女子会にもピッタリです。パラソルつきのテラス席もあるので、お天気のいい日のランチタイムに訪れるのもオススメ! 日本語メニューもあるので、観光客でも安心して利用できるのもポイントです。バンコクで味わえる本格南部料理、ぜひ一度Tryしてみてくださいね☆

 

☆Data☆

Baan Ice(バーンアイス)
住所:115 Somerset Building, Sukhumvit 55, Thonglor Rd., Khlong Tan Nuea, Wattana 10110 Bangkok
TEL:+66-2-381-6441
アクセス:BTS Thonglor(トンロー)駅から徒歩5分、Somersetレジデンス1階
FBファンページ:https://www.facebook.com/pages/Baan-Ice-Restaurant-Thonglor/439210452804120

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/04/13)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値バンコクツアー


最安料金万円

合算 目安 2.98万円
旅行代金: 2.48万円
燃油目安: 0.50万円
4日間
羽田発

バンコク ツアー

< Web限定商品>気軽に行けちゃう!バンコク4日間☆安心の往復送迎付き<バンコクセンターホテル>

ホテル:バンコク・センター・ホテル(バンコク)
航空会社:中国国際航空 指定

日程表を見る

●延泊可能●1人部屋アレンジ可能●1人参加可能●各種オプショナルツアーもご用意●ホテルのアレンジ可能

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 3.11万円
旅行代金: 2.48万円
燃油目安: 0.63万円
3日間
羽田発

バンコク ツアー

<中国南方航空> 羽田発着 バンコク3日間

ホテル:バンコク・センター・ホテル(バンコク)
航空会社:中国南方航空 指定

日程表を見る

●便利な羽田発着●ホテルのアレンジOK●延泊OK

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 3.48万円3.98万円
旅行代金: 3.483.98万円
燃油:旅行代金に含まれています
4日間
成田発

バンコク ツアー

【初売りセール】タイ国際航空<成田夕方発/バンコク朝発>2015年オープン!リーズナブルにスクンビット地区滞在!Sボックススクンビット3泊4…

ホテル:S・ボックス・スクンビット・ホテル(バン…
航空会社:タイ国際航空 指定

日程表を見る

<S BOX スクンビット>スクンビットメイン通りから約50m、ソイ31通り沿いに位置するホテル。グレーと赤のスタイリッシュな組み合わせの壁色と前面にガラス窓が採られた客室がボックスのように整然と…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 3.48万円
旅行代金: 3.48万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

バンコク ツアー

<JTB Web限定> (成田発)スクートで行く!バンコク<受託手荷物20kgまで無料!追加代金で空港〜ホテル間の往復送迎も手配可能> スク…

ホテル:トンタラ・リバービュー・ホテル&スパ(バ…
航空会社:スクート 指定

旅行会社/ブランド:JTB Web専用商品

合算 3.48万円3.98万円
旅行代金: 3.483.98万円
燃油:旅行代金に含まれています
4日間
成田発

バンコク ツアー

【初売りセール】タイ国際航空利用<成田夕方発/バンコク朝発>エアポートリンク駅至近で空港移動に便利!バイヨークブティック滞在!3泊4日

ホテル:バイヨーク・ブティック・ホテル(バンコク…
航空会社:タイ国際航空 指定

日程表を見る

<バイヨークブティックホテル>  バイヨークグループのブティック系ホテルで2007年にサービスアパートメントを改装しオープンしてからは人気が続き、満室状態も多々あり!リーズナブルでブティック系ホテ…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 3.59万円6.12万円
旅行代金: 3.596.12万円
燃油:旅行代金に含まれています
4日間
成田発

日程表を見る

…━ 4名様1室確約特典━…・学生旅行に最適♪ベッド4台を確約致します!…━ 期間限定特典━…◆BTSチャットロム駅前に建つ「ホリデイインバンコクホテル」の本格ビュッフェを滞在期間中1回中プレゼン…

旅行会社/ブランド:旅工房


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事