page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・ビューティーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

高級住宅地にOPENしたリュスクなスパでうっとりTime♪


掲載日:2014/06/30 テーマ:ビューティー 行き先: タイ / バンコク

タグ: キレイ スパ マッサージ


ランスアン通りにオリエンタルムード満点のスパが登場!

キャンドルがともされた幻想的なマッサージルーム。ヒーリングミュージックをBGMに至福のときを体験できます。ホテル並みに大きなバスタブにも注目! キャンドルがともされた幻想的なマッサージルーム。ヒーリングミュージックをBGMに至福のときを体験できます。ホテル並みに大きなバスタブにも注目!

バンコク旅行の楽しみのひとつにスパやマッサージを挙げる人も多いのではないでしょうか? 気軽な街スパから高級ホテルの中の豪華スパまで、選択肢は無限大だけに、どこに行けばいいのか…と悩んでいる人もいると思います。今回はそんな方にピッタリのスパをご紹介! 高級スパの雰囲気ながら値段はとってもリーズナブルというイイトコドリのスパ『Diora Lang Suan(ディオラ ランスアン)』です! 去年の年末にOPENしたばかりですが、すでに駐在マダムを始め多くの観光客で賑わっている人気店なのです♪

高級住宅街にふさわしい、豪華で落ち着いた内装が素敵☆

レセプション脇に飾られた大きな仏像。この裏側にはフットバスが用意され、施術前にキレイに足を洗ってもらえます。 レセプション脇に飾られた大きな仏像。この裏側にはフットバスが用意され、施術前にキレイに足を洗ってもらえます。

このスパが建つのはBTS Chit Lom駅にほど近いランスアン通り。ここはオシャレなショップや高級コンドミニアムが立ち並ぶ閑静な住宅地で、これからも発展が期待されている場所。ガラス貼りの開放感あるエントランスはその先駆けを象徴しているようです。モダンでシンプルなインテリアで統一されたレセプションにはアクセントになるように、大きな仏像や着物がさりげなく飾られ、オリエンタルムードを醸し出しています。日本語のできるスタッフと日本語メニューも用意されているので受付でドキドキする心配もないのも魅力です。

オーガニックハーブを使ったオリジナルプロダクト

オーガニックハーブだけを使った純度の高いオリジナルのプロダクトはお土産としても購入可能。スクラブやマッサージオイル、ローションなどがラインナップ♪ オーガニックハーブだけを使った純度の高いオリジナルのプロダクトはお土産としても購入可能。スクラブやマッサージオイル、ローションなどがラインナップ♪

ここでは定番のタイマッサージはもちろん、シロダラなど様々なメニューがうけられますが、一番の人気はオリジナルのスクラブとアロマオイルまたは100%ピュアオイルを使ったコース『ディオラ ビューティーエクスプレス』。使われるプロダクトはすべてオーガニック栽培されたハーブのみを仕様したオリジナルです。スクラブで古くなった角質を優しく除去したあと、アロマオイルでたっぷりと潤いを補給すれば、肌はふっくらもちもちに! たった90分で美肌になれる上、1650バーツ(約4950円)ととてもリーズナブルなのには驚きです☆

一人はもちろんカップルでも利用して♪

施術ルームには全室「ジムトンプソン」のテキスタイルが飾られています。部屋ごとにすべて柄が違うので、どの部屋になるかはお楽しみ♪ 施術ルームには全室「ジムトンプソン」のテキスタイルが飾られています。部屋ごとにすべて柄が違うので、どの部屋になるかはお楽しみ♪

スクラブ付きのフットマッサージが1時間550バーツ(約1650円)〜とお手頃メニューも揃っているので、買い物の途中にフラリと立ち寄れる気軽さも魅力ですが、もしカップルで来店される場合は贅沢にカップル専用ルームを利用することも可能です♪ ここにはなんと大人二人が余裕で入れる大きさのバスタブが用意され、施術後ものんびりとくつろぐことが可能! ホテル並み、いやそれ以上に大きなバスタブを見られるのはここだけかも!? これは実際に試した人のお楽しみ、ということで、ぜひバンコク旅のプランに入れて欲しいスパのご紹介でした♪

☆DATA☆

Diora Lang Suan(ディオラ ランスアン) 
住所:36 Soi Langsuan, Lumpini, Pathumwan, Bangkok
TEL:02-652-1112 
URL:http://www.dioralangsuan.com/japanese/home.htm
営業時間:9〜24時(24時に施術が終わるまでが受付)
アクセス:BTS Chit Lom(チットロム)駅下車、ランスアン通りを150mほど直進した右手。
※日本語予約可能、日本語メニューあり

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/06/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索