page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・癒しの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

宿泊しなくても高級ホテルのプールが使えちゃう!?


掲載日:2016/01/22 テーマ:癒し 行き先: タイ / バンコク

タグ: 素晴らしい 憧れ 癒し


猛暑のバンコク。ひとときの癒しを優雅なプールに求めて…

ウエスティンのプールは都会のど真ん中に位置するアーバンリゾート♪ こんな優雅なプールがたった500バーツで使えるんです! ウエスティンのプールは都会のど真ん中に位置するアーバンリゾート♪ こんな優雅なプールがたった500バーツで使えるんです!

東南アジアに位置するタイは1年間の平均気温が約29度! 5月〜10月は雨期の影響を受けてやや涼しくなるとはいえ、それでも少し歩けば汗がタラリと流れてきます。そんなときは「涼を求めてプールで一休み!」と行きたいところですが、残念ですが、リーズナブルなホテルやB&Bにはホテルがない宿泊施設も多くあります。さらにバンコクには日本でいう豊島園や東京サマーランドのようなプール施設もない。となると…ガマンする? いえいえ、実はとってもお得な方法があるんです!

ビジターが使えるプールの中でもダントツのコストパフォーマンス

BTS Asok(アソーク)駅直結という都心にありながら、高層階にあるプールは喧噪とは無縁の世界。ビルに囲まれたアーバンな雰囲気が高級感を煽ります。 BTS Asok(アソーク)駅直結という都心にありながら、高層階にあるプールは喧噪とは無縁の世界。ビルに囲まれたアーバンな雰囲気が高級感を煽ります。

それは、一流ホテルのプールをビジター料金で利用すること! え? 普通じゃん…と思われるかたもいると思いますが、ちょっと待って。例えば東京のど真ん中にある高級ホテルのプールを使いたいとなると、そのビジター料金たるや数時間で1万円弱! とてもフラリと気軽に使えるとは言えません。でもバンコクなら話は別。日本でも有名な「ウエスティンホテル」のプールがなんと500バーツ(約2000円弱)で使えちゃうんです! 

プールだけでなくロッカールームやワークアウトスペースも利用可能!

シャワールームとロッカールームも完備。しっかりカギがかかるので、貴重品を持ち歩く必要がなく安心です。 シャワールームとロッカールームも完備。しっかりカギがかかるので、貴重品を持ち歩く必要がなく安心です。

しかもプールだけでなく併設されたフィットネスマシンも利用可能。さらに時間制限なく、1日中滞在してもこのお値段というコストパフォーマンスのよさに驚きです! プールにはロッカールームも完備され、貴重品の管理も問題ナシ! もちろんタオルも無料で貸してもらえるので水着さえ持って行けば宿泊者と同様にプールを使うことができます。フィットネスマシンを使いたい場合はウエアとシューズが必要になるので、忘れずに持参してくださいね。

プールサイドではカクテルや軽食も楽しめます☆

ドリンクや軽食もオーダーOK! シグニチャーカクテルなどここでしか味わえないメニューもあるのでぜひお試しを。 ドリンクや軽食もオーダーOK! シグニチャーカクテルなどここでしか味わえないメニューもあるのでぜひお試しを。

プールサイドからはドリンクや軽食のオーダーもOK! 宿泊者ではないので部屋付けにはできませんが、キャッシュオンで同様のサービスを受けることができます。ウエスティンはカクテルが充実している上、200バーツ(約800円)くらいから楽しめるので、ひと泳ぎしたあとはカクテル片手にのんびり過ごすのがオススメ! 高級ホテルのプールサイドで読書やお昼寝タイム、そんな贅沢なリラックスタイムをバンコクで手軽に味わってみてはいかがでしょう?

☆DATA☆

Westin Work out(ウエスティン ワークアウト)
住所:259 Sukhumvit Rd, Bangkok The Westin Grande Sukhumvit Bangkok 8F 
TEL:+66 2-207-8000
URL:http://www.westingrandesukhumvit.com/
アクセス:BTS Asok(アソーク)駅直結 プールのビジター利用は予約の必要なし。直接8階のプールカウンターへ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/01/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索