page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バンコク屈指の人気を誇るハイセンスなベトナム料理


掲載日:2016/11/17 テーマ:グルメ 行き先: タイ / バンコク

タグ: おいしい グルメ レストラン 一度は行きたい 素晴らしい 野菜


何から何まで本場ベトナム仕様

吹き抜けが特徴的な開放感ある店内は、まるでセンスのよい友達の家に遊びに来たかのようなアットホームな雰囲気。ディナータイムはオシャレな人たちでいっぱいです。 吹き抜けが特徴的な開放感ある店内は、まるでセンスのよい友達の家に遊びに来たかのようなアットホームな雰囲気。ディナータイムはオシャレな人たちでいっぱいです。

タイ料理に飽きたら行って欲しいレストランがここ「Sigon Recipe(サイゴンレシピ)です」。サイゴン(現ホーチミン)出身のシェフが「本場の味を本場の雰囲気で楽しんで欲しい」と開いたレストランは、店内を飾る雑貨やサーブされる食器はもちろん、店内に流れるBGMまで本場ベトナムのものというこだわりよう。タイに居ながらにしても食べる価値大のベトナム料理をご紹介します!

野菜とハーブをたっぷり使ったベトナム家庭料理を堪能!

ベトナムのバッチャン焼きで統一された食器。テーブルセッティングにもセンスが光り、お料理をオーダーする前から期待に胸が高まります! ベトナムのバッチャン焼きで統一された食器。テーブルセッティングにもセンスが光り、お料理をオーダーする前から期待に胸が高まります!

人気のカフェやレストランが集まるSoi Sukhumvit49の中でもひときわ目立つのがこのお店。店頭にはベトナムの三輪車シクロが置かれ、店内に入る前からワクワク感を演出してくれます。店内はベトナムから取り寄せた家具や食器で統一され、とても落ち着いた雰囲気。カラフルなランタンやカーテンがインテリアのポイントとなったとてもハイセンスな空間が広がります。テーブルに用意された食器ももちろんベトナムのバッチャン焼き。ストールをナプキン代わりにするなど細かいところにも光るセンスを感じてください☆

野菜とハーブをたっぷり使ったヘルシー料理の数々

ベトナム南部の麺料理、ブンボーサオ。甘いタレを絡めて頂く汁なし麺はヤミツキ! 本場の味をタイで味わえるなんで感動すら覚えます。 ベトナム南部の麺料理、ブンボーサオ。甘いタレを絡めて頂く汁なし麺はヤミツキ! 本場の味をタイで味わえるなんで感動すら覚えます。

ここで味わえるのは野菜やハーブをたっぷり使った本場ベトナムの家庭料理。どれもヘルシーなのでスパイシーなタイ料理で疲れた胃を休めるのにピッタリです。定番人気の生春巻きは120バーツ(約360円)、フォーは鶏肉、牛肉からチョイスできお値段も160バーツ(約480円)〜とお手頃なプライスも魅力です♪ またベトナム南部の麺料理で、味付けして炒めた牛肉が乗った、かき混ぜて食べる汁なしの麺料理ブンボーサオ(220バーツ、約660円)など、ベトナム料理好きならハズせないメニューもしっかりラインナップされているのも人気のヒミツです。

こだわりのドリンク、デザートも忘れずに。

ボトルに入ったオシャレなスイカジュースは90バーツ(約270円)。遅い時間になると品切れてしまう人気メニューです。 ボトルに入ったオシャレなスイカジュースは90バーツ(約270円)。遅い時間になると品切れてしまう人気メニューです。

料理はもちろんですが、ドリンクやデザートにもこだわりがあるのがこのお店。オシャレな瓶に入れてサーブされるスイカジュースやじっくりと時間をかけて抽出するベトナムコーヒー、濃厚な卵を使ったプリンなど。どれも食事の後の時間までも優雅に、のんびりと過ごさせてくれる一品ばかり。フォーで軽くご飯を済ませるランチタイム、友達とゆったりと会話を楽しみながらご飯を楽しみむディナータイムと使い分けたくなる、人気のベトナム料理店でした。

DATA

ライスペーパーの上から薄焼き卵を重ねたサイゴンレシピオリジナルのスプリングロール(140バーツ、約420円)。たっぷり野菜が詰まった1品は前菜にぴったり♪ ライスペーパーの上から薄焼き卵を重ねたサイゴンレシピオリジナルのスプリングロール(140バーツ、約420円)。たっぷり野菜が詰まった1品は前菜にぴったり♪

☆Sigon Recipe(サイゴンレシピ) 
住所:46/5 Piman 49, Soi Sukhumvit49 
電話:)2 662 6311 
営業時間:月〜金 11.00-15:00, 17:00-22.00 /土日祝 11:00 - 22:00 無休 
アクセス:BTSプロンポン駅からタクシーで5分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/11/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索