page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

安くて旨くて楽しくて。毎日がお祭り騒ぎのカオサンロードへ行こう!


昔はバックパッカーの聖地、今や激安が揃う観光地!

日が暮れるとたくさんの人で賑わうカオサンロード。屋台が並び、あちこちで笑い声が聞こえるその景色はお祭りの縁日そのもの。 日が暮れるとたくさんの人で賑わうカオサンロード。屋台が並び、あちこちで笑い声が聞こえるその景色はお祭りの縁日そのもの。

カオサンロードと言えば、安宿が立ち並ぶ一大エリア。昔も今もバックパックを背負った旅人達の拠点となっていますが、ひと昔と違うのはエリア全体がオシャレになっていること! タイのデザイナーの卵たちが自分の作品を発表する場として使ったり、ただの屋台と思っていたら、それが行列のできる屋台グルメの火付け役となったり。タイの若者カルチャーを牽引する場ともなっているのです。何より道路の両端に屋台やショップがひしめきき、人でごった返すその雰囲気はここでしか味わえないもの! お祭り気分を味わえるカオサンロードをご紹介します。

まずは腹ごしらえ! 300円あればお腹いっぱい!?

カオサンロード名物激安屋台。パッタイ(焼きそば)はなんと60円〜! カオサンロード名物激安屋台。パッタイ(焼きそば)はなんと60円〜!

カオサンに来たら楽しみたいのが食べ歩き。あちこちにタイのローカルフードを扱う屋台が並んでいます。しかもどれも激安! パッタイが60円、春巻きが30円と目を疑う安さです。カオサンエリアは外国人観光客が多いので屋台でも英語や片言の指さしでオーダーが通じるのも嬉しいところ。食べたいものを指させばあっという間にアツアツをお皿によそってくれますよ。カオサンでは基本、食べ歩きがルール。料理が来たら屋台の横に設置してある調味料から好きな物を好きなだけかけて、割り箸をもらったら召し上がれ。ご飯の他にもパンケーキやフルーツシェイクなどなどなんでもあります! なんだか日本の夏祭りを思い出しませんか?

青空マッサージ、1時間660円なり!

マッサージだって市内の半額に近い激安プライス。エアコンがなくたってなんのその笑 マッサージだって市内の半額に近い激安プライス。エアコンがなくたってなんのその笑

日本で施術を受けたらどんなに安くても1時間3000円はするフットマッサージがなんとたったの220バーツ(約660円)!笑っちゃう安さですよね。ただしこれはエアコンなし、イスもアウトドア用の青空マッサージ。暑いときはちょっと堪えますが、これも旅の思い出になること間違いナシ! 安井からって手抜きなんてありません。おしゃべり好きのおばちゃんたちがせっせと手を動かしつつ、時折片言の英語とときに日本語で笑顔で話しかけてくれます。カオサンロードは歩いてナンボのエリア。歩き疲れたら気軽にマッサージしちゃいましょう!

お土産探しにもってこい! プライスは市場並!!

タンクトップは1枚100バーツから。シャイなお兄さんは撮影拒否でした(笑) タンクトップは1枚100バーツから。シャイなお兄さんは撮影拒否でした(笑)

カオサンにはお洋服や雑貨の屋台もたくさん! 市内のお店のどこよりも安く手に入れることができます。中でも滞在時に使えそうなタンクトップやワンピース、タイならではのタイパンツといったカジュアルウエアの品揃えはピカイチです。もちろん値段交渉もOK! カオサンエリアは値段に厳しいバックパッカーたちが築きあげた街なので、どこよりも安いんです。最初は高めの値段を言われるので、半額くらいからスタートさせて楽しみながら値段交渉してくださいね!

タクシーやトゥクトゥク、運河ボート利用するのが便利

カオサンロードはどこでもビアガーデン(笑)。ビールも市内のどこよりも安く楽しめます! カオサンロードはどこでもビアガーデン(笑)。ビールも市内のどこよりも安く楽しめます!

カオサンエリアは市街地から少し離れている上、電車などは通っていないので、バスを乗りこなせる自信がない人はタクシーやトゥクトゥクが便利です。もう少しレトロな旅を味わいたい人には運河ボートもオススメ。伊勢丹近くの「プラティナム」船着き場は観光客にも利用しやすいので、そこから終点の「パンファー・リーラート」で降りればOKです! そこからは徒歩5分で運賃はたった18バーツ(約54円)!ローカル気分も味わえて渋滞にひっかかる心配もナシなのでオススメです。

カオサンロード
住所:Khaosan Rd., Banglumphu, Bangkok Thailand
タクシーに乗る時は「ヤークパイカオサンロード」で通じます

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/01/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索