page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

味良し、雰囲気良し、値段良しな素敵一軒家レストラン


掲載日:2018/06/13 テーマ:グルメ 行き先: タイ / バンコク

タグ: おいしい お得 グルメ レストラン 安い 穴場


チョンノンシーエリアの人気店

タイの定番料理のひとつトムカーガイ。生姜がたっぷり入ったココナッツスープは体の中から温まるので冷え性対策にもいいんですよ♪ タイの定番料理のひとつトムカーガイ。生姜がたっぷり入ったココナッツスープは体の中から温まるので冷え性対策にもいいんですよ♪

タイに来たなら絶対に食べたいのがタイ料理。屋台から高級ホテルのレストランまで選択肢は山ほどありますが、どうせなら「美味しくて、安くて、雰囲気のいいお店」で食べたいですよね(笑)。そんなワガママな願いを叶えてくれるのが今回ご紹介する『Feuang Nara(フアン・ナラー)』です。お店があるのはBTS Chong Nonsi(チョンノンシー)駅からすぐ。階段を降りてソイ・パピットという通りを入ったらすぐ右手にあるのでアクセスも抜群です!

どれを食べてもハズレなし!

鶏肉とバジルの炒め物。鶏肉はふっくら、生姜の効いたソースが香り高くてご飯が進む1品。140バーツ(約470円) 鶏肉とバジルの炒め物。鶏肉はふっくら、生姜の効いたソースが香り高くてご飯が進む1品。140バーツ(約470円)

このエリアにはホテルや外資系の会社が多いものの、まだまだ美味しいレストランが少ないのが現状。その中でこの『Feuang Nara(フアン・ナラー)』はダントツ人気といってもいいレストランです。日本人にも馴染みのトムヤムクンやパッタイなどの定番料理から、タイならではのハーブを使った1品までどれを頼んでも美味しい。スパイシーさはしっかり残しつつも、喉が痛くなるような辛さはナシ。タイ料理=辛いと思っている人も安心して食べられます。しかも1品100バーツ(約340円)〜ととてもリーズナブルです☆

大人数でもひとりでも楽しめる

白を基調とした西洋風の一軒家。ランチョンマットなどもオシャレでリッチな雰囲気の中リーズナブルにタイ料理が楽しめます。 白を基調とした西洋風の一軒家。ランチョンマットなどもオシャレでリッチな雰囲気の中リーズナブルにタイ料理が楽しめます。

どの料理もボリューム満点なのもこのお店の人気の秘密。ランチなら1品料理とご飯ものかヌードルで約800円程度、ディナータイムに5人程のグループで来店して、4、5品頼んでビールを飲んでも1人1000円程度で楽しめます。1人でも大人数でも楽しめるので使い勝手がいいのも魅力。白を貴重とした店内はとても天井が高く開放的で、料理の値段以上の高級感を味わうことができます。テラス席もありますが、暑いのでエアコンが効いた店内がオススメですよ(笑)

気持ちいいサービスにも心満たされます

真っ白な西洋風の一軒家。テラス席も広いので夜など涼しいときは外で食事を楽しむのもオススメです。 真っ白な西洋風の一軒家。テラス席も広いので夜など涼しいときは外で食事を楽しむのもオススメです。

スタッフは全員外国人慣れしているので、タイ語が離せなくても心配ナシ。メニューには英語表記もありますし、簡単な英単語だけで理解してくれます。スタッフたちの動きもてきぱきとしていてとても気持ちがいい! 日本では当たり前なことかもしれませんが、タイでは店員が呼んでも来なかったり、雑に盛りつけられた料理がボンッとテーブルに置かれたり、がっかりすることも多々…。そんな中、リーズナブルなのに気持ちよく、そして美味しく食べられるこのお店はとっても貴重! 多くの外国人たちに愛されるのも納得ですね☆

DATA

『Feuang Nara(フアン・ナラー)』
住所:69 Soi 3, Narathiwat-Rachanakarin Rd.
電話:0-2233-2410 営業時間:11:00〜23:00 不定休
アクセス:BTS Chong Nonsi(チョンノンシー)駅から徒歩1分。ソイ・パピットという通りを入ったらすぐ右手。白い西洋風の建物が目印。向かいは日本人に人気のLek Sea food.

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/06/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索