page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

『これぞバンコク!』な景色を眺められる特等席で頂くタイ料理!


厳かに光り輝く暁の寺を眺めながらバンコクの夜を楽しむ

ライトアップされたワットアルンを見ながらディナーを楽しむ観光船も景色の一部に。何も遮るものなくワットアルンが見られるレストランは希少です。 ライトアップされたワットアルンを見ながらディナーを楽しむ観光船も景色の一部に。何も遮るものなくワットアルンが見られるレストランは希少です。

バンコクの人気観光名所のひとつワットアルン。細かく美しい彫刻が一面に施された仏塔が訪れる人たちを魅了する人気のお寺は、三島由紀夫の小説にも登場する『暁の寺』としても有名です。白さが際立つ昼、夕陽に染まる夕暮れ時と、時間ごとに違った表情を見せてくれるワットアルンですが、夜はライトアップされ昼とは全然違った表情を見せてくれます。そしてその美しい姿を真っ正面で見られるレストランが今回ご紹介する『THE DECK(ザ デッキ)』。チャオプラヤ川を挟んでワットアルンの正面に位置するホテル『アルンレジデンス』の2階に位置するこのレストランは何も邪魔することなくワットアルンを眺められる特等席なのです。

タイ料理と西洋料理の両方を楽しめる人気レストラン

ザボンを使ったサラダ「ヤムソムオー」はぜひ食べて欲しい1品。ココナッツミルクが香るタイならではのお味です。255バーツ(約890円) ザボンを使ったサラダ「ヤムソムオー」はぜひ食べて欲しい1品。ココナッツミルクが香るタイならではのお味です。255バーツ(約890円)

「The Deck」はタイ料理とステーキなどの西洋料理、そしてその両方からいいとこ取りしたオリジナルの創作料理が楽しめるレストラン。それだけにメニューが豊富でどれを食べていいか悩んでしまいますが、どれを食べてもハズれなし! とくにタイ料理は観光客向けにアレンジされたものではなく、しっかりスパイスが香り、辛さが後を引く本場の味が楽しめます。観光客に人気の定番料理から、こだわりの1品まで揃うので色んな味を楽しんでみてくださいね。もしタイ料理が苦手な人がいてもパスタなどのメニューがあるので誰が来ても楽しむことができます。メニューには日本語表記もあるので安心です♪

さっくさくのソフトシェルクラブは必食!!

手を汚すことなく丸かじりできるのもソフトシェルクラブの魅力。ニンニクが香る衣が食欲をそそります。 手を汚すことなく丸かじりできるのもソフトシェルクラブの魅力。ニンニクが香る衣が食欲をそそります。

ここを訪れたら絶対食べて欲しいのがソフトシェルクラブのフライ。日本ではソフトシェルが5匹ほどで数千円するお高い料理ですが、ここではお皿に山盛り盛られて290バーツ(約1015円)とリーズナブル! ソフトシェルクラブは脱皮したばかりの甲羅が柔らかい蟹のことで、タイではプーニムと呼ばれています。皮ごと食べられるソフトシェルだからこその濃厚な蟹の風味とスパイスがたっぷりかかったサクサクの食感。そして中から出てくる甘い蟹の身と蟹をまるごと余すところなく楽しめる1品はヤミツキになること必至! メインとしても大満足のボリュームですがビールとの相性は抜群なのでアパタイザーとして頼む人も多いのも納得です!

屋上にはバーも併設

屋上のバーからもワットアルンを一望。ライトアップされたワットアルンを背景に記念写真を撮る人で賑わっています。 屋上のバーからもワットアルンを一望。ライトアップされたワットアルンを背景に記念写真を撮る人で賑わっています。

THE DECKの上はルーフトップのバーになっていて、こちらもレストランと同じく大人気。レストランで食事した後、軽く飲み直すのにぜひ利用してほしいスポットです。ビールをはじめ、ワインやオリジナルのカクテルが楽しめて料金は140バーツ(約490円)〜ととってもリーズナブル。バンコク市内のホテルのルーフトップバーで飲むとその倍はかかるので、ホントは教えたくない穴場です(笑)。レストランもバーもオープンエアーになっているのでどの席からもワットアルンを眺めることはできますが、正面に見られる特等席は予約必須! ぜひバンコクを訪れる際は早めに計画に入れて下さいね。

DATA

アルンレジデンスというホテルの2階にあるレストラン。ホテルも古き良きタイを体感できる素敵なホテルなので宿泊もおすすめ。 アルンレジデンスというホテルの2階にあるレストラン。ホテルも古き良きタイを体感できる素敵なホテルなので宿泊もおすすめ。

THE DECK(ザ デッキ):住所:36-38 Soi Pratoo Nok Yoong, Maharat Road, Rattanakosin Island, Riverside, Bangkok
電話:0-2221-9158
営業時間:月〜木 11:00〜22:00 金〜日 11:00〜23:00
アクセス:Arun Residence(アルンレジデンス)2階
ワットポーから徒歩2〜3分。
URL:http://www.arunresidence.com/
ディナーの場合、周囲が暗いので細心の注意を払ってください。帰りはレストランの人にタクシーを呼んでもらって。

※1バーツ=約3.5円。2019年3月時点

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/05/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索