page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バンコク最旬の”豪華絢爛”なショッピングスポット!


買い物から観光まで全部楽しめる!

Gフロアは水上マーケットを模した作りになっており、どこを見てもフォトジェニック! ランタンのエリアはとくにフォトジェニック♪ Gフロアは水上マーケットを模した作りになっており、どこを見てもフォトジェニック! ランタンのエリアはとくにフォトジェニック♪

今、バンコクはショッピングモールのオープンラッシュ。次から次へと巨大なモールが出現しているのですが、中でも群を抜いて豪華なのが『ICON SIAM(アイコンサイアム)』です。2018年11月にオープンしたこちらはまずその広さにビックリ! なんとその広さは約52万平方メートル!! 延べ床面積はタイNo.1という圧倒的な広さを誇ります。その敷地内にはルイヴィトンやグッチ、カルティエといった世界的ハイブランドのフラッグ店をはじめ、雑貨屋洋服などの小売店が500店以上出店。また日本からは高島屋も初出店し大きな話題を呼んでいるのです。今回はそのアイコンサイアムの見どころをご紹介しましょう!

SNS映えするスポットがあちこちに!

日没後はチャオプラヤ川沿いのエントランス前で噴水ショーが。ライトアップされた噴水が美しく、観光客達の足を止めていました。 日没後はチャオプラヤ川沿いのエントランス前で噴水ショーが。ライトアップされた噴水が美しく、観光客達の足を止めていました。

アイコンサイアムは専門店ゾーンと百貨店ゾーンの2つの棟で構成されています。オススメなのは専門店ゾーンのGフロア。こちらはフロア全体がタイのフローティングマーケットを模していて、店内なのに川が流れているという凝った作り。実際にボートが浮かんでいてそこではタイの伝統菓子やヌードルなど軽食を買って食べることができます。さらにカラフルな街並みを歩きながら、天井を見上げればそこにはランタンが。水面にランタンの灯りが映り込む風景はとてもロマンティックで思わずカメラを向けたくなる景色が広がっています。またGフロアから川沿いに出たところでは夕方になると噴水ショーが行われ観光客達を魅了。どこを切り取っても絵になるのがアイコンサイアムの魅力です。

飲食店だけでも100店舗以上!

レストランフロアの和食店は回転寿司のレーンがありタイ人たちに大人気。刺し盛りは新鮮なお刺身が贅沢にドーン! レストランフロアの和食店は回転寿司のレーンがありタイ人たちに大人気。刺し盛りは新鮮なお刺身が贅沢にドーン!

アイコンサイアムの中には飲食店もズラリ。チャオプラヤ川を眺めながらディナーが楽しめるルーフトップバーをはじめ、G階にはシンガポールで人気のシーフードレストラン「Jumbo(ジャンポ)」も初出店。レストランフロアにはではタイ料理の人気店や韓国料理、日本料理と様々なレストランが軒を並べ、その日の気分によって最高級の味を楽しむことができます。また百貨店エリアに入る高島屋の中のフードコートはタイ人の方たちに大人気! うどんや海鮮丼のお店に連日行列ができていました。

トイレの中までフォトジェニック♪

G階のトイレ♪ これがトイレなの!?と驚くほどの可愛さなので忘れずチェックしてほしいスポットです。 G階のトイレ♪ これがトイレなの!?と驚くほどの可愛さなので忘れずチェックしてほしいスポットです。

お買い物や食事を楽しんだら、忘れずチェックして欲しいのがG階のトイレ。綺麗に清掃されているのはもちろんですが、タイの伝統的な柄を施した壁紙や、壷をそのまま利用した洗面台などとっても凝った作りになっています。入り口にはソファーシートが置かれた贅沢なスペースもあり、SNS用の写真を撮る女の子たちで賑わっていました。細部までこだわって作られた新スポット、アイコンサイアム。タイの魅力がギュッと濃縮されているので初めてタイに来る人はもちろん、リピーターの方も楽しめること間違いナシ! 天気にも左右されないので、雨で予定が変更になってしまったときの観光スポットとしても覚えておくと便利ですよ♪

無料ボートでチャオプラヤ川からアクセスするのが楽しい!

チャオプラヤ川から見たアイコンサイアム。巨大なショッピングモールに誰もが驚くハズ! 夜はライトアップされて一段と美しく輝きます。 チャオプラヤ川から見たアイコンサイアム。巨大なショッピングモールに誰もが驚くハズ! 夜はライトアップされて一段と美しく輝きます。

アイコンサイアムのがあるのはチャオプラヤ川の反対側。市内に宿泊している場合はBTSスカイトレインのSaphan Taksin Station(サパーンタクシン駅)」からチャオプラヤ川沿い、Sathorn(サトーン)船着き場へ向かい、そこから無料ボートを利用するのが便利です。
ボートは朝の8:30〜23:30まで運行していますが、夕方は混むので時間に余裕を持って出かけましょう。
☆DATA☆
住所:299 Charoen Nakhon Soi 5 , Charoen Nakhon Road, Khlong Ton Sai Sub District, Khlong San District, Bangkok 10600
電話:+66 (0) 2 495 7000
営業時間10:00〜22:00(店舗により異なる) 無休
URL:https://www.iconsiam.com/en

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/11/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索