page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・癒しの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

高級店の技術をローカル価格で試せる穴場マッサージ店


掲載日:2020/01/13 テーマ:癒し 行き先: タイ / バンコク

タグ: ひとり旅 マッサージ 安い 街歩き 健康にいい 節約


マッサージ店が集中するジャルンクルン通りの中の人気店

絶妙な力加減で疲れた足をグイグイと指圧。終わったときにはむくんだ足がほっそり! 絶妙な力加減で疲れた足をグイグイと指圧。終わったときにはむくんだ足がほっそり!

リバーサイドに高級ホテルが立ち並ぶBTSサパーンタクシン駅。ナイトマーケットの「アジアティーク」や川の反対側にできた巨大ショッピングモール「アイコンサイアム」に行く無料ボートの乗り場でもあり、チャオプラヤエクスプレスの始発駅ともあって連日多くの人で賑わう場所です。この近くにあるジャルンクルン通りは知る人ぞ知るマッサージの穴場ストリート。高級ホテルでは1時間1000バーツ超えも当たり前なフットマッサージが300バーツ程度で受けられる激安マッサージエリアなのです。今回はその中でもローカルの支持が圧倒的に高い「Enjoy Massage(エンジョイマッサージ)」をご紹介します。

激安店なのに気の利いたサービスが嬉しい!

マナオ入りのフットバスは柑橘系の香りがリフレッシュ効果満点。血流もよくなり歩き疲れた脚が軽くなります。 マナオ入りのフットバスは柑橘系の香りがリフレッシュ効果満点。血流もよくなり歩き疲れた脚が軽くなります。

激安マッサージ店というと穴が空いていたり、バネが伸びてしまってお世辞にも座り心地が言えないというソファーに座らされたり、足を洗わず簡単に拭くだけでマッサージされたりすることもザラですが、ここは違います。座り心地バツグンのふかふかソファーに座ると、まずは適温のお湯が張られたタライに足を入れてリフレッシュ。このとき、切り立てのマナオ(かぼすのような果実)を入れてくれるので、店内は柑橘系のいい香りに包まれて一気に気分がリフレッシュ!

歩き疲れて重くなった脚がスッキリ軽く!

ガラス張りの店内は清潔感も◎。外から店内の様子が見えるので女の子が一人でも安心して入ることができます。 ガラス張りの店内は清潔感も◎。外から店内の様子が見えるので女の子が一人でも安心して入ることができます。

そして血流が適度によくなったところで、いよいよマッサージ開始です。マッサージもとても丁寧で細かく「大丈夫?」「痛くない?」と片言の英語と日本語で聞いてくれます。気持ちよさに気づけばウトウトしてしまい、目を覚ますとおまけのシャルダーマッサージを受けていました。実はこのお店の店主は、元高級ホテルのスパで長年働いた経歴の持ち主。そのときに培った技術とサービス力をローカル店になった今でも提供してくれるので街のマッサージ店のレベルを超えた至福の時間を味わえるのでした。

隠れた人気メニューはオイルマッサージ!

ジャルンクルン通りにはマッサージ店が軒を連ねますが、コスパも実力もエンジョイマッサージが◎! ジャルンクルン通りにはマッサージ店が軒を連ねますが、コスパも実力もエンジョイマッサージが◎!

高級スパの実力を思う存分体験できるのがオイルマッサージ。オイルは店主こだわりの一品で、季節ごとの花から抽出したこだわりのもの。それをふんだんにつかったボディマッサージはぐいぐいと脂肪を揉み出し、終わったあとの体がふわっと軽く感じるほど! 高級店顔負けのマッサージがたった700バーツで受けられるとあり、口コミで一気に人気になりました。しかもこのオイルはさらっとしていてシャワーを浴びる必要がないので、手軽に受けられるのも人気のヒミツなのです。

わざわざ訪れる価値アリのマッサージ店

サパーンタクシン駅はこの周辺のホテルの宿泊者以外は、乗り継ぎに使う人が圧倒的だと思いますがこのマッサージ店はわざわざ来る価値多いにアリだと思います。街歩きに疲れたらぜひ癒されに訪れてみては?
DATA☆Enjoy Massage(エンジョイマッサージ)
住所:672/14 Si-Phraya Rd | Si-Phraya, Bang Rak, Bangkok 10500, Thailand
場所:BTSサパーン・タークシン駅近く シャングリラホテル向かい
時間:10時〜24時(L.O.23時半)
電話:0-2630-5947、08-2684-1166
料金:タイマッサージ300B/1時間、アロママッサージ 700B/1時間 、ココナッツマッサージ 700B/1時間

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/01/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索