page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バンコク郊外のナイトマーケットにある、爆笑必至の大人気貝レストラン!


30分おきに繰り広げられる熱狂&絶叫のダンスタイム!

突然始まるダンスタイムに観客は大喜び。見事な肉体美を披露しながらタイミュージックに合わせて踊る姿は必見! 突然始まるダンスタイムに観客は大喜び。見事な肉体美を披露しながらタイミュージックに合わせて踊る姿は必見!

1枚目の写真に驚かれた方、ごめんなさい。こちら、バンコク名物のオカマバーではなく、れっきとした貝レストランの店員さんでございます。面積やや小さめなお衣装からのぞくのは見事に割れたシックスパック。その鍛え抜かれたボディを惜しげなく披露し、クネクネ踊るのはこの店のオーナー、ディーさんです。今、バンコクで一番の穴場と言っても過言ではないのがここ『Stanee Mee Hoi(サタニー ミー ホイ)』。バンコク郊外にあるナイトマーケットにある貝レストランです。オーナーをはじめ、ダンサーを務めるのはすべてスタッフの男性。いたってノーマルな上、お客様を喜ばせるサービスは完璧! もちろん貝の味も◎とあって連日大賑わいのお店なのです。

ノーマルな男性がなぜこんなサービスを?

オーナーのディーさんは190センチ!もとモデルというから納得です。写真撮影を望むお客さんたちに一人一人笑顔でサービスしてくれます。 オーナーのディーさんは190センチ!もとモデルというから納得です。写真撮影を望むお客さんたちに一人一人笑顔でサービスしてくれます。

あちこちで「フォー!」「アウッ」と奇声を発しながらお客様を接客するこのお店。そもそもノーマルな男性がなぜこのようなパフォーマンスを?という疑問をオーナーは笑顔で『楽しい方がいいじゃない!』とひとことで解決してくれました。そう、ここはおいしい貝料理をただ楽しく食べられるお店。家族連れから女子グループ。単純に貝を食べにきたおじさんまで、老若男女来る人全てが笑顔になれるお店です。ダンスタイムのあとには観光客との写真タイムのサービスも。しかもチップを渡そうとすると「そんなのいらない!」と受け取ってもらえませんでした。「ほかのお店とは圧倒的に違う、ここでしかない楽しみを」という徹底したサービス精神。リピーターが続出というのも納得です。

メインの貝はとれたて新鮮の絶品!

人気の貝3種盛り。週末は100Kg以上売れると言うからびっくり。唐辛子の入った辛口ソースで食べるのが地元流。 人気の貝3種盛り。週末は100Kg以上売れると言うからびっくり。唐辛子の入った辛口ソースで食べるのが地元流。

そして忘れてはいけないのがここの名物、貝料理。日本の赤貝とは違い、一口サイズの赤貝と巻貝、ムール貝がどっさりのった三種盛りは290バーツ。バンコク市内から離れている分、お値段もローカル価格です。もちろんサービス税もゼロ。ダンスまで見られてこの価格はバンコク市内ではあり得ません!そして貝だけでなくシーフードのメニューもずらり。アユタヤ名物の川エビは大きさによって値段が代わりますが、だいたい350バーツほど。身がプリップリのエビをスパイスたっぷりの辛口ソースでいただけばその味のとりこになること確実!新鮮な生牡蠣も楽しめますよ。

せっかくなら「フアムムマーケット」も楽しんで

ナイトマーケット内にはプチプラで買える洋服や雑貨があちこちに。掘り出し物探しを楽しんで。 ナイトマーケット内にはプチプラで買える洋服や雑貨があちこちに。掘り出し物探しを楽しんで。

このレストランがあるのは「フアムムナイトマーケット」の一角。ナイトマーケットにはお洋服から雑貨、お菓子などありとあらゆるものが揃います。バンコクのナイトマーケットよりこぢんまりとしているので見やすく、そして何より物価がやすい!ワンピースが100バーツ、Tシャツ59バーツというびっくり価格なので掘り出し物を探してみてくださいね!タイの伝統菓子などばらまき土産にもぴったりなアイテムもあるので、お腹いっぱい食べたあとは夜のお散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか?

タクシーで行くのが簡単!

目指すはバンコク郊外のHUAMUMUナイトマーケット。ホテルのフロントでタクシーをう呼んでもらうのが確実です。 目指すはバンコク郊外のHUAMUMUナイトマーケット。ホテルのフロントでタクシーをう呼んでもらうのが確実です。

「フアムムナイトマーケット」があるのはバンコク市内から車で約30分ほどの場所。電車などは通っていないのでタクシーで行くのがオススメです。
☆DATA☆
Stanee Me Hoi(サタニー ミー ホイ)
住所:11 Prasert Manukit Rd.
電話:08-1-381-4227
営業時間:18〜24時
無休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/01/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索