page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・バンコク・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

屋台の味を快適な店内で楽しめるロッサニヨム


ぐんぐん店舗数を伸ばしている人気のタイ料理店

チャーハンや唐揚げ、パッタイなどなど。タイの定番料理ならなんでも揃う! チャーハンや唐揚げ、パッタイなどなど。タイの定番料理ならなんでも揃う!

2017年12月末までに全ての公道での屋台営業を禁止するという衝撃的な発表がされてから数年。シーロムやスクムビット(ナナ〜アソーク間)の名物、お土産露店が姿を消したのを皮切りに、トンローの屋台街も消失。どんどん高層ビルが立ち並び、昔ながらの古き良きバンコクの姿がなくなりつつあります。100円あればお腹いっぱい食べられた屋台飯は昔のお話し、今では日本のカフェと同じくらいの価格帯になってしまいました。それでもやっぱり恋しいのが昔ながらの屋台飯。少し値段は高くなってしまったけれど、高級店とは違うローカルな味が楽しみたい!という人におすすめなのが今回ご紹介する『Ros’niyom(ロッサニヨム)』です。

タイ屋台の味をそのまま楽しめる!

辛いのが苦手な人におすすめなのが蟹入りチャーハン。蟹の味がゴロっと入った贅沢な一品も280バーツと他のタイレストランに比べたら良心的。 辛いのが苦手な人におすすめなのが蟹入りチャーハン。蟹の味がゴロっと入った贅沢な一品も280バーツと他のタイレストランに比べたら良心的。

ロッサニヨムはタイの有名なアイスクリーム屋「iberry」の子会社で、現在タイに15店舗以上の支店を構える人気タイ料理レストランです。タイのストリートフード(つまりは屋台飯)がコンセプトなので、パッタイやチャーハン、麺料理などなどタイの定番料理のほとんどをここ1軒で味わうことができます。屋台のように1品50バーツ〜とはいきませんが、それでも160〜200バーツほど。エアコンの効いた快適な店内で屋台気分を味わえると思えばかなり良心的。初めてタイを訪れた人がタイ料理を初体験するにもぴったりなお店です。もちろん味はタイ本場の味なので、スパイシーさも本場そのもの。「辛くしないで(タイ語でマイペッ)」とオーダーしてもそこそこ辛いので、注意してくださいね(笑)

一人でさくっとご飯するなら麺類がおすすめ

トロトロに煮込まれたチキンとパリパリ麺の異なる食感も楽しいカオソーイ。一度食べたら病みつき間違いなし! トロトロに煮込まれたチキンとパリパリ麺の異なる食感も楽しいカオソーイ。一度食べたら病みつき間違いなし!

メニューが豊富なので大人数で訪れるのも楽しいですが、麺料理やワンプレートご飯が充実しているのもロッサニヨムのいいところ。ランチタイムにはおひとり様の姿も多く、みなさま麺やチャーハン、ぶっかけご飯をオーダーしてさくっと召し上がっておりました。中でもおすすめなのがタイの東北部の名物「カオソーイ(169バーツ)」。パリパリに揚げた麺をカレースープで食べるタイの北部のローカル料理で、ライムや高菜のようなお漬物を入れて和えながら食べるのが特徴。ピリ辛だけど甘みも感じるスープは後をひく美味しさで、中に入っているチキンもとろっとろ!バンコクで好みのカオソーイが食べられるお店を探すのは大変なので、ぜひトライしてみてくださいね。

タイならではの食器にも注目♪

大きなエビがゴロっと入ったパッタイ。辛さを抑えてとお願いしてみたもののお口ヒリヒリでした(笑) 大きなエビがゴロっと入ったパッタイ。辛さを抑えてとお願いしてみたもののお口ヒリヒリでした(笑)

ロッサニヨムの料理はすべてタイの陶磁器ブルーアンドホワイトのお皿に乗っているのも特徴。見た目からまずタイらしさを感じることができます。ちなみにブルーアンドホワイトはベンジャロン焼き、セラドン焼きに並ぶタイの三大陶磁器。どんな料理にも合い、手ごろな価格で買えるのでタイのお土産にも人気です。レストランでは買うことができませんが、市場やデパートやスーパーの食器売り場でも買うことができるのでチェックしてみてくださいね。今回ご紹介したロッサニヨムはBTS Chit Lom(チットロム)にオープンした「The MARKET(ザ マーケット)」店。 ここには、チャトチャックウィークエンドマーケットの人気店も入っているのでブルーアンドホワイトを扱うお店もちらほら。食事と一緒にお買い物を楽しんでくださいね。

DATA

メニューは写真と英語入りなのでタイ語がわからなくても大丈夫。何を食べても安定の味のロッサニヨムです。 メニューは写真と英語入りなのでタイ語がわからなくても大丈夫。何を食べても安定の味のロッサニヨムです。

『Ros’niyom(ロッサニヨム)』:THE MARKET店
住所:G.FL.111 Ratchadamri Rd, Khwaeng Lumphini, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330
営業時間:10:00〜22:00
定休日:なし
電話:02-209-5107
ほかにもBTSプロンポン駅直結のデパート、エンポリアムとエムクオーティエやトンローソイ15のJアベニューにも店舗あり。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/03/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索