生ハーブたっぷりで辛いタイ料理が苦手な人におすすめしたい料理

タイ料理と言えば、レモングラス、こぶみかんの葉、バジルなど生のハーブ類をふんだんに使った辛い料理が中心です。タイを旅行していると、「タイは好きなんですけど、辛くない料理を選んで食べてます」という人に時々、会います。こんな人におすすめしたいのが「カオマンガイ」です。カオマンガイはゆで鶏をのっけごはんです。鶏の栄養たっぷりのスープに塩、にんにくを入れて炊いたごはんには鶏のうまみが染みこんでいます。そこにゼラチン質がぷるんとしたゆで鶏をのせて食べます。軽い塩味と鶏のエキス、余分なものも足りないものもない、パーフェクトなおいしさです。

辛いのが苦手な人におすすめ! タイで食べたい!ひゆで鶏のっけごはんのカオマンガイ 辛いのが苦手な人におすすめ! タイで食べたい!ひゆで鶏のっけごはんのカオマンガイ

「カオマンガイ」発祥の地は中国にあった?

カオマンガイは中国語で言うと「海南鶏飯」と言います。中国南部の海南島が発祥の地です。ここからシンガポール、マレーシア、ベトナムなど東南アジア一帯に広まっていきました。屋台街やフードコートに行けば、必ずあると言ってもいいほど、海南鶏飯は東南アジアではポピュラーなごはんです。海南鶏飯はどの国で食べても、鶏のスープとセットになっています。カオマンガイにも冬瓜入りの鶏のスープがついてきます。ごはんにスープがついてくると定食風になり、満足感が倍増です。

カオマンガイのお店の見つけ方

タイの屋台でや食堂で、カオマンガイを出すお店を見つけるのは簡単です。ガラスケースの中にぶら下がっているおいしそうなゆで鶏が目印です。カオマンガイは注文するとすぐ、出てくる料理です。炊飯器から熱々のごはんをよそい、つるしていたゆで鶏を切って、ごはんにのせ、きゅうりとタレを添えるだけです。スープも準備オッケーなので、お椀に入れるだけで出てきます。タレはお醤油にネギをいれたものが多く、たまに「タオチオ」と言うみそダレが出てくるとこもあります。タレにつけて、鶏肉だけを味わっても、タレをつけた鶏肉とごはんを一緒に食べてもよしです。

バンコクで一番おいしいカオマンガイを食べてみましょう!

どこで食べてもはずれなしのカオマンガイですが、バンコクで一番おいしいと評判のカオマンガイを食べてみませんか? そのお店は「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」と言います。場所はお店の名前にもなっているプラトゥーナム市場の近くです。伊勢丹があるラチャダムリー通りを北に向かって歩きます。運河を過ぎると、ベッブリー通りとの大きな交差点にでます。この交差点を右(東)に曲がります。まっすぐ進むとあっという間に到着です。ピンクのポロシャツの従業員さんが目印です。いつ、行っても満員の人気店ですが、すぐ席が空くのでご安心を。ふんわり柔らかめのごはんと、しっとりジューシー鶏肉のカオマンガイ、思わず、お替わりしたくなりますよ!