タイの安いアパートに台所がない訳

東南アジアの旅の楽しみのひとつは、おいしい屋台飯めぐりです。中でもタイは麺、焼き鳥、サラダ、ぶっかけ飯、もち米系デザート、お汁粉系デザートなどなど、充実ぶりが群を抜いています。これなら、ひとり旅でもごはんの心配なしです。タイって、外食文化の国です。なにしろ安いアパートとなると、台所がないのが普通です。タイ人は炊飯器をフル活用して、麺やスープも作ってしまいます。屋台でおかずやデザートを買って帰り、家ではごはんを炊くだけなんて人もめずらしくありません。こんなタイでひとり旅の旅行者におすすめはお惣菜屋台です。

タイひとり旅なら、本格タイ料理が食べられるお惣菜屋台に行こう! タイひとり旅なら、本格タイ料理が食べられるお惣菜屋台に行こう!

タイのお惣菜屋台で食べられる本格タイ料理

タイではお惣菜屋台を「ラーン・カーオ・ラート・ゲーン」と言います。「ラーン」はお店、「カーオ」はごはん、「ラート」はかける、「ゲーン」はカレーや汁物という意味です。訳すと、カレーや汁物をごはんにかけてくれるお店です。お惣菜屋台の目印は色とりどりのおかずが入った巨大なボールやトレイです。レッドカレー、イエローカレーなどのカレー、炒め物、スープ、揚げ物など、何でもそろっています。なすと鶏肉のグリーンカレー、魚のすり身をレッドカレーで味付けしたホーモックなど、タイ料理を代表するお惣菜もあります。厚揚げ、キャベツ、きくらげを炒めたものなど、どこか中華風の料理もあるんですよ。

タイ人のまねをして注文してみよう!

注文の仕方は、食べたいおかずを指さすだけでオッケーです。タイ人の注文の仕方を見ていると、豚肉といんげんのからし味噌炒めともやし炒めなど、辛い惣菜と辛くない惣菜を組み合わせています。だいたい2種類のおかずを注文する人が多いようです。辛い惣菜と辛くない惣菜は見た目でわかります。ただ、辛い料理は好きだけど、とことん辛い料理は苦手という人は、あさりやイカを使ったレッドカレーは避けましょう。野菜や肉を使ったものに比べて激辛です。ちなみにタイでは激辛料理を食べたとき、辛さを和らげるのに、水を飲みません。ごはんを食べます。これは正解です。

お惣菜屋台で追加してみたい、あの1品

お惣菜屋台は持ち帰りのお客だけでなく、そこで食べる人も多いので必ずテーブル席があります。オープンエアの食堂のような感じです。隣のお客がどんな組み合わせかを、のぞき見しながら食べるのが、楽しいのです。「ひとり旅でも、晩ごはんがぶっかけ飯というのは、わびしいな」と思うかもしれません。こんな時はスープを一品頼んでみませんか?苦瓜の肉詰めスープや鶏肉とココナッツミルクのスープなど、必ず3,4種類のスープがあります。スープを指さすと、ちゃんとスープ用の容器に入れてくれます。スープを追加すると、ぶっかけごはんもランクが上がった気がします。ひとり旅なら本場のタイ料理を気軽にお安く楽しめるお惣菜屋台に通ってみませんか?