調理する時のやさしい音にはまる、タイの名物料理

タイの首都、バンコクの食堂街や屋台街を歩いている時に、ふいにコロンコロンと耳触りのよい丸い音が聞こえてくる時があります。これはタイの国民的サラダ、ソムタムを作っている時にでる音です。ソムタムはまだ、熟れていない青いパパイヤで作った酸っぱくて辛いサラダです。抱えるほど大きな木臼に、千切りにした千切りのパパイヤを入れ、すりこぎ棒でパパイヤを打ちながら、味をつけていきます。この時に出るコロンコロンという音が優しくて、この音を聞くと、ソムタムが食べたくなります。

おいしくてダイエット効果もばっちり!タイのパパイヤサラダ おいしくてダイエット効果もばっちり!タイのパパイヤサラダ

基本のソムタム「ソムタム・タイ」って、どんな味?

タイ料理好きの日本人も多く、ソムタムは日本人にも人気が高いタイ料理のひとつです。本場のタイに行くと、ソムタムと言っても種類も豊富で、一言で説明できないぐらいなんですよ。ソムタムは青いパパイヤの千切りににんにく、いんげん、トマト、生唐辛子、ライム、ナムプラー、パームシュガー、干しエビ、ピーナッツで味をつけたものです。パームシュガーの甘味、ライムの酸味、唐辛子の辛味が絶妙に混じり合ったサラダです。そこにピーナッツが加わると、辛味が押さえられ食べやすくなります。この味付けのソムタムを「ソムタム・タイ」と言います。

日本人が知らなかったソムタムいろいろ

ソムタム・タイはバンコクのような都会の味付けのソムタムです。ソムタムの本場、東北部のイサーンのソムタムに比べると、かなり甘くて大人しい味つけです。本場のイサーンでは魚を発酵させて作ったプラーラーという調味料を入れ、パームシュガーも入れません。辛味も酸味も強いソムタムです。もちろん入れる唐辛子の数も多めなので、ソムタム・タイに比べてパンチの効いた味付けです。ソムタムの屋台でソムタムを注文すると、タイ人がきゅうりや人参のソムタムを食べているのを見かけませんか?きゅうり版は「タム・テンクワー」、人参版は「タム・キャロッ」と言います。食事として食べませんが、フルーツ版の「タム・ポラマイ」というのもあるんですよ。

女性におすすめしたい!ソムタム効果

種類も豊富な本場のソムタムですが、青いパパイヤのソムタムには女性にうれしい効果があるようです。ダイエットに効くのです。カロリーが低いだけではなく、青いパパイヤには脂肪分解力があると言われています。さらに青いパパイヤは繊維質そのもの。タイでは便秘になりやすい妊婦さんが、便秘で困ったときに食べるのがソムタムです。ソムタムの繊維質の力で、食べると、すっきりです。便秘解消もダイエットには重要です。おいしくてダイエット効果もあるソムタム、本場のタイで思い切り食べてみませんか? おいしく食べてやせるって、最高です!