カレー好きの日本人におすすめしたい、タイのカレー麺

イエロー、レッド、グリーンと色によって辛さが違うタイカレーは、今やもう日本でもおなじみです。タイ料理屋さんに行かなくても、スーパーで缶詰のタイカレーを買えるようになりました。日本人って、本当にカレー好きな国民です。タイに行くと、この3色のタイカレーと同じぐらいタイ人に愛されているカレー麺があります。そうめんのようにやわらかい麺と一緒に食べる「カノムチーン」です。タイ人ならみんな大好きと言ってもいい麺なのに、このカノムチーンを食べている日本人は少な目です。これはもったいない!

野菜たっぷり食べ放題!タイのカレー麺にはまる! 野菜たっぷり食べ放題!タイのカレー麺にはまる!

地方色がくっきり!カノムチーンの味付け

見た目も食感もそうめんにそっくりなカノムチーンの原料はお米です。発酵したお米で作ったそうめんのようなものが「カノムチーン」です。カノムチーンにカレーソースをかけた料理も、カノムチーンと呼びます。バンコクのカノムチーンはカレーソースなのに、チェンライなどのタイ北部で食べると、トマトや血の塊が入ったトマトスープベースになります。これは「カノムチーン・ナムニャオ」と言います。タイ南部には甘いソースの「カノムチーン・サーオナーム」などもあり、地方色がはっきりしています。日本人におすすめしたいのはバンコクのカレーソースのものです。

カノムチーンの屋台の探し方と食べ方

カノムチーンのお店は屋台や食堂街を歩いていると、すぐ見つかります。見つけ方も簡単です。テーブルの上のもやし、いんげん、苦瓜、キャベツ、高菜漬けなどの野菜を入れたカゴが目印です。さて、カレーソースのカノムチーンの食べ方は、まずはテーブルの野菜を好きなだけカノムチーンが入ったお皿にのっけます。そこにナムプラー、唐辛子の粉をかけて、混ぜるだけです。好みの野菜をフォークとスプーンで、カレーソースとまぜて食べます。カノムチーンはなぜか、お箸ではなく、フォークとスプーンで食べるものと決まっています。バンコクのカレーソースはココナッツミルク入りでマイルドですが、あとからじんわりと辛味がやってきます。

カノムチーンはおやつ?それとも主食?

私は一人旅の時、野菜の補給もかねてカノムチーンを食べにいきます。カノムチーンは普通の麺より、少し安い料理です。麺が40バーツなら、カノムチーンは30バーツです。理由は食事というよりも、小腹がすいたときに食べるおやつの位置づけに近い料理だからでしょう。私にとって、野菜をたっぷり食べられるカノムチーンは主食です。タイ人にとってはあくまでおやつ。私のように、みっともないほど山盛りの野菜をお皿にいれる人はいません。みんな、高菜漬けとキャベツ、いんげんをちょこっとだけ、お皿にとって、品よく食べます。主食とするか、おやつとするかは自由ですが、カノムチーンはカレー好きの日本人に食べてもらいたいタイ料理です。