タイのお茶は甘いのが常識?

タイの飲み物は甘いものが多いです。コーヒーもミルクティーもコンデンスミルクや砂糖がたくさん入っています。コンビニで買うペットボトルの緑茶も甘味料が入って甘いのです。基本的に「No Sugar」と書いてない商品は砂糖が入っていると思って間違いありません。また、ジャスミンティー等をブレンドしているものもあります。「オリジナル」と表記のある商品は「甘い」場合が多いです。スーパーで緑茶を10本以上買って来て飲み比べてみました。

教えて! ホントの緑茶が飲みたい! タイで甘くないお茶を探す 教えて! ホントの緑茶が飲みたい! タイで甘くないお茶を探す

タイ「Oishi」ブランドの3本の味は?

Oishiブランドの「Orijinal」緑のキャップの商品です。かなり甘みが強くて緑茶飲料水という印象です。恐らくタイ人の好みの味なのでしょう。白いキャップの「Sugar Free(無糖)」は、甘味料の味はしませんが、若干、雑味が感じられます。茶葉の焙煎によるものなのでしょうか? 3本目は「かぶせ茶」です。日本語で大きく書いてあり、パッケージにも茶葉の写真を使い、日本茶であることをアピールしてます。味の方は一番、緑茶に近い感じで、日本人の口にも合いそうです。

タイ「Fuji」ブランド3本飲んでみた

タイで日本食レストランを展開する「Fuji」ブランドの3本です。パッケージはぼぼ一緒で、キャップの色が違います。白いキャップには「Natural」と書いてあります。甘味料は入っていませんが、緑茶の味とは少し違います。金色のキャップの「Fit」は、銀杏の葉ブレンドと記載してあり、僅かに銀杏の香りがします。味はは僅かに「Natural」より緑茶に近い感じです。緑のキャップの「Tasty」は明らかに甘味料の味がします。

これが本命日系ブランドはどうだ?

伊藤園タイランドが販売している「お〜いお茶」これはまさしく緑茶の味です。セブンイレブンでも見かけることも多いです。日系2本目はポッカの「Japanese Green Tea Non Sugar」コンビニではあまり見かけることはありません。甘味料は入っていないのですが、「お〜いお茶」と比べると。若干、雑味が感じられます。おタイ人の好みに合わせているのでしょうか? タイブランドならOishiの「かぶせ茶」を日系なら伊藤園の「お〜いお茶」を選ぶのが良いと思います。