マクドナルドに屋台メニューがあった

タイのマクドナルドは24時間営業です。ハンバーガーやポテト等は、基本的に世界共通メニューです。タイには牛肉を食べない人(女性に多い)がいることもあり、ポークバーガーがあるのも特徴です。その他に屋台メニューの定番、「カーオ・ガパオ・ガイ(鶏肉のバジル炒めとご飯)」、「ガパオ・ヌア(牛肉のバジル炒め)、ガパオ・ムー(豚肉のバジル炒め)」のバリエーションがあります。ドリンクとのセットで69バーツ(約250円)、トッピングの目玉焼きが10バーツ(約35円)です。

タイの食べ物ファーストフード編。マクドナルドのご飯メニューを食べてみた タイの食べ物ファーストフード編。マクドナルドのご飯メニューを食べてみた

カーオ・ガパオ・カイを注文してみた

レジで注文しすると、「ガイ(鶏)」、「ヌア(牛)」、「ムー(ブタ)」のどれにするか聞かれたので、「カイ(鶏)」を注文しまた。しばらく待っているとパックに入ったカーオ・ガパオ・カイが出てきました。セブンイレブンで売られているパック入りのごはんそのものです。おそらく冷凍製品を電子レンジで温めただけでしょう。レシートを確認するとセット内容は、ドリンクが30バーツ(約100円)、カーオ・ガパオ・ガイが39バーツ(約140円)、目玉焼き10バーツ(35円)でした。

フライドチキンのような味わい

パックを開け、渡されたプラスチックのスプーンとフォークで食べてみます。ご飯はインディカ種のタイ米で、パサパサと軽い食べごこちです。鶏肉はクリスピーな衣を付けて揚げてあります。サクッとした歯ごたえです。バジルの風味もしっかりとあり、レンジでチンした割には美味しいです。鶏肉はフライドチキンを食べているような感じです。味付けもピリッと唐辛子が利いていています。量は少なめなので、たくさん食べる男性には少し物足りないかも知れません。

朝食メニューにおかゆがあった

タイのマクドナルドには朝食限定メニューとしてお粥もあります。「マック・ジョーク・カイ(鶏肉のお粥)」、「マック・ジョーク・ムー(豚肉のお粥)」です。朝11時までの販売でどちらも29バーツ(約100円)、トッピングの目玉焼きや10バーツ(約35円)です。トロトロになるまで炊き込まれたお粥に豚肉、鶏肉のトッピングです。クリスピーな衣をつけて揚げたフライドチキン、フライドポークがお粥の上にトッピングされています。さっぱりとした味わいで、これもおすすめです。