BTSオンヌット駅ほぼ直結で便利

BTSオンヌット駅周辺は、在タイ外国人にも人気のエリアで、駅前にはタイではおなじみのスーパーマーケット「テスコ・ロータス」、近くには「ビッグ・シー」もあり便利な生活環境です。BTS駅のほぼ真下にマーケットがあり、衣料品(女性モノが多い)や飲食の屋台がたくさんあります。まさにタイ版ホーカーズといえるでしょう。通称「オンヌット・スクエア」と呼ばれ、営業は夕方から、18時くらいから深夜の12時くらいまで、地元のタイ人や外国人でにぎわっています。

おすすめ! 日本食もある、バンコクのオンヌットスクエアで過ごす夜 おすすめ! 日本食もある、バンコクのオンヌットスクエアで過ごす夜

タイ料理から和洋食までメニューの種類も豊富

ここにはタイ料理、洋食、和食と何でもあります。料金もリーズナブルな値段設定で、タイ料理なら50バーツ(約180円)〜、洋食だと100バーツ(約360円)〜、和食は150バーツ(約540円)〜 が目安です。多くの屋台には英語表記や英語のメニューがあるので、タイ語が出来なくても安心です。複数の屋台から好きなモノを選んで注文することも可能で、お会計は基本的に、注文した料理が運ばれてきたときに払います。普通の屋台のように後からまとめて会計ではありません。

タイ人が屋台で握る寿司にチャレンジしてみた

日本食の屋台があったのでお寿司を注文してみた。「ツナアボガドロール」150バーツ(約540円)アボガドをシャリで巻き外側をマグロでラップした巻き寿司です。ネタのマグロもそこそこの味で悪くは無いと印象です。シャリにお酢が効いてないのは、個人差が分かれるかも知れません。その他、にぎり寿司やお刺身の盛り合わせもあります。お刺身にはきちんと細く刻んだ大根とにんじんの上に盛りつけられ、日本のスーパーで買うのと変わらないと感じました。

生バンドを聴きながらのんびりと過ごす

バーも数軒あるので、食事が終わってからも友達同士でワイワイと飲むのもいいでしょう。ビールもタイではおなじみのシンハーの大瓶が100バーツ(約350円)で、カクテルやソフトドリンクも各種あります。オンヌット周辺にはホテルはありませんが、一部のアパートでは、ホテルのようにデイリーでも利用できる場所もあり、最近ではバックパッカーも見かけるようになりました。