ムーガタって何?焼き肉、それともしゃぶしゃぶ?

ムーガタとは『タイ式焼肉』のことをいいます。タイの人たちも大好きで、よく家族や友人たちと一緒にムーガタを食べに行きます。食堂風のローカルなお店からチェーン店系列の大きな店舗まで様々です。直訳すると「ムー」はブタ、「ガタ」は鍋を意味します。その形が特徴的で山型の鍋は、ジンギスカン用の鉄板のようで縁には溝があります。山型の部分で肉を焼き、溝の部分にスープを入れます。焼き肉としゃぶしゃぶが一度に味わえるのが特徴です。

タイ式焼肉「ムーガタ」は、ジンギスカンとしゃぶしゃぶのいいとこ取り? タイ式焼肉「ムーガタ」は、ジンギスカンとしゃぶしゃぶのいいとこ取り?

実は韓国焼き肉をタイ風にアレンジしたらしい?

正式には「ムー・ヤン・カウリー(豚の韓国焼き肉)」もしくは「ヌア・ヤン・カウリー(韓国焼肉)」というそうです。韓国に出稼ぎに行ったイサーン(タイ東北)地方の人が、韓国で覚えた焼き肉をタイ風にアレンジしたのがはじまりといわれています。焼き肉とイサーンの鍋を同時に食べられるようにと、このような山型の鍋になったのでしょう。オープンエアーのお店の場合、炭火の上に鍋を置くことが多いのですが、ショッピングモールなどにあるチェーン店のお店は電気式コンロが主流です。

食べ放題なので好きなだけ食べられる!

基本的に食べ放題のブッフェスタイルのお店が主流です。ムーガタの具は実にたくさんあります。肉はブタ、鶏がメインです。タイでは牛肉を食べ控える人たちも多いので、お店によっては牛肉がない場合もあります。ホルモン等もあります。野菜も、白菜、キャベツ、空心菜、セロリ、人参、ヤングコーンと豊富です。シーフードも人気で、えび、イカ、魚と各種あります。その他、チャーハンやお寿司、デザートもあります。好きなものを焼いたり煮たりと、好みに応じてフリースタイルで楽しむのがムーガタです。

炭火でじっくり。タイ式バーベキューを楽しもう

席に着くと、七輪と鍋が運ばれてきます。鍋に出汁が注がれたら煮立つまで待ちましょう。その間に食べたい食材とタレを取りに行きます。山型のてっぺんにラードを置き、野菜を出汁の中に入れます。シーフードを注文すると鍋の他に炭火の網も運ばれて来るので、網焼きのBBQスタイルも楽しめます。煮たって出汁が少なくなってきたらお店の人が出汁を足してくれます。タイの人たちも肉を焼いたり、しゃぶしゃぶにしたりと自分の好きなようにムーガタを楽しんでいます。