タイのファーストフードでワンコインスイーツ

タイのファーストフードで販売されているソフトクリームは何とワンコイン、10バーツ(約40円)です。昨今、バンコクも物価の上昇が著しく、10バーツで食べられるものもほとんど見られなくなりました。市内に多く見られるコンビニでもアイスクリームは売ってますが、最安でも25バーツ(約90円)程度はします。ファーストフードのソフトクリームは、コストパフォーマンスが高いといえるでしょう。お手軽、清潔、チープの3拍子が揃ったファーストフードのソフトクリームです。

安い! バンコクでマック、KFC、DQのソフトクリームを食べ比べてみた 安い! バンコクでマック、KFC、DQのソフトクリームを食べ比べてみた

最安のマクドナルドはさっぱり日本風の味

マクドナルドのソフトクリームは、何と最安の9バーツです。ミルクの風味豊かな味わいで、日本のソフトクリームのようです。コーンに渦巻き型のソフトクリームという通常のタイプで、バニラとチョコレート味があります。バニラタイプの表面をチョコレートでディップするトッピングもあり、料金は12バーツ(約50円)です。カップに入ったサンデーは22バーツ(約80円)です。ストロベリー、パイナップル、チョコレートの三種があります。

チキンとの相性もバッチリKFCのソフトクリーム

KFCのソフトクリームは、10バーツ(約40円)で、バニラとチョコの二種類の味があります。マクドナルドと同じ、渦巻き型のソフトクリームです。味の方は、マクドナルドと比べると若干ミルク風味が薄くてさらにさっぱり系のような気がしますが、油っぽいチキンを食べた後にはぴったりです。KFCにもカップスタイルの「サンデー」があります。こちらは29バーツ(約100円)です。ストロベリー、チョコレート、レモン、コーン(トウモロコシ)のフレーバーがあります。

もしかしたら、コスパ最強のデイリークイーン

デイリークイーンのソフトクリームは、10バーツ(約40円)で、バニラとチョコ味の2種類があるのは同様です。特徴的なのはその形で通常の渦巻き型では無く、タマネギのような形をしています。コーンの底までしっかりとソフトクリームが入っています。粘度も高めで横にしても崩れないくらいです。マクドナルド、KFCと比べると一番クリーミーで濃厚な感じがします。他のソフトクリームと比べると若干、堅めの食感なのでそう感じるのかも知れません。