ローカルな下町からお洒落スポットに変わった!

バンコクのBTSプラカノン駅周辺、数年前まではローカルの雰囲気が濃く残る下町エリアでしたが、再開発によりお洒落なエリアに変わりました。プラカノン駅の3番出口を出てオンヌット方面に少し歩くと「Wディストリクト」があります。ここには美術館とビアガーデンがあり、アートとグルメの両方を楽しむことができる注目のスポットです。

人気上昇中! バンコクで仕事の後は、プラカノンで楽しいひととき 人気上昇中! バンコクで仕事の後は、プラカノンで楽しいひととき

ローカルなタイ人も在タイ外国人も楽しめる

ビアガーデンはオープンエアーで、お酒だけではなく、タイ料理、洋食等、軽食からダイニングまで種類も豊富に揃っています。仕事帰りのタイ人、在住の欧米人や日本人でにぎわっています。料金もタイ料理なら一品60バーツ(約210円)から、ビールも大瓶90バーツ(約320円)からとリーズナブルな値段設定です。生バンドの演奏もあるのは、タイではおなじみの光景です。好きなお店からお好みの料理を注文できるのもうれしいです。注文した料理が運ばれてきた時に代金を支払います。

フリーマーケットやアートスペースもある

敷地内のコンドミニアムの一階には「HOF ART SPACE」という美術館があります。タイの若手アーティストたちの作品、絵画や彫刻などが数多く展示され、入場は無料です。開館時間は月〜土の10:00〜19:00で日曜日は事前に予約が必要です。近くの「ART RESIDENCY」には作業スペースや宿泊施設などが備えられ、タイのアーティスト育成に力を注いでいるのがわかります。この機会にタイの若手アーティストの作品に触れてみてはいかがでしょう。

地上46階から一番下までのぞけるスカイバー!

金曜日と土曜日の16時から24時まではフリーマーケットが開かれます。週末には多くの人たちでにぎわいます。敷地内の「ル・ラック・コンドミニアム」の最上階46階には「Zeppelin Rooftop Bar」というスカイバーがあります。バンコクの中心部からは少し外れていますが、高層階からの眺めは抜群です。名物は「ガラスフロアー」で、床の一部がガラスになっているので、46階から1階までがのぞけます。カクテルは各種330バーツ(約1200円)です。