同じものを食べているのに、お隣さんのほうが美味しく見える理由

お隣のタイ人が食べているものは、私と同じものなのに、私のより、何倍も美味しそう! バンコクの屋台で私が注文したのは、パット・ガバオ・ムーです。これは豚肉とバジルの炒めのっけごはんです。タイ風焼きめしのカオ・パッドと同じぐらい日本人旅行者に人気があり、日本のタイ料理屋さんでもお馴染になりました。唐辛子がピリッときいて、これを食べると、「タイにやってきた!」って気持ちになります。隣のタイ人のパット・ガバオ・ムーが私のより美味しそうに見える理由は、目玉焼きです。お隣さんのには、私のにはない目玉焼きがのっているのです。

パット・ガバオ・ムーは今や日本人旅行者の定番ごはん パット・ガバオ・ムーは今や日本人旅行者の定番ごはん

タイ人は卵のトッピングが大好き

カノム・チーンを食べに行ったときも同じことがありました。カノム・チーンは、カレーソースをかけて食べるタイのそうめんです。カノム・チーンのお店では、テーブルの上に大量のキャベツ、もやし、苦瓜などの野菜が用意されています。カレーをかけた麺を食べるときに、好きなだけ野菜を入れ、混ぜて食べます。普通に注文すると、カレーソースとそうめんが入っただけのお皿を渡されます。でも、タイ人のお皿には、半熟のゆで卵ものっています。私は「卵も入れて」と言う言葉を知らないだけなので、なんだか悔しい気持ちになります(笑)。

タイでは目玉焼きを加えるのが普通なの?

目の前でカオ・パッドなどの焼きめしやぶっかけ飯を作ってくれるお店では、最初から目玉焼きが用意されています。それだけ目玉焼きを追加する人が多いのです。ちなみにタイ語で目玉焼きのことをカイ・ダーオと言います。注文する時に、指さすだけでも通じるので、とりあえず目玉焼きを追加してみましょう。パッド・ガパオ・ムーを食べるときに、とろっとした黄味と軽く混ぜながら食べます。ああ、もっと早くマネしたらよかった。

目玉焼きを加えると、味に大きな変化が!

ピリッと辛い豚肉とバジル炒めと半熟の黄味をまぜると、とろりとした黄味の甘味で辛味がマイルドになり、濃厚で深い味になります。目玉焼きをのっけるだけで、こんなに美味しくなるなんて! 目玉焼きの力は偉大です。目玉焼きをプラスすると、5〜8バーツ(20〜32円)余分にかかります。でも、たったこれだけで何倍も美味しい! 次回、タイでパッド・ガパオ・ムーを食べる時は、目玉焼きを追加してみてくださいね!