日本人が必ずタイで食べるタイ料理

カオ・マンガイは、タイに行った日本人が必ず食べるタイ料理のひとつと言ってもいいと思います。バンコクにあるピンクの制服が目印の超人気カオ・マンガイ屋さんは、もう日本に進出していますしね。カオ・マンガイは鶏のスープで炊いたふっくら鶏めしの上に蒸し(ゆで)鶏をのっけたごはんです。シンガポールでは「海南鶏飯(ハイナンジーファン)」と呼ばれており、東南アジア各地でこのカオ・マンガイは食べられます。辛くもなくあっさり、ハズレもほとんどありません。

ダブルのせのお値段はカオマンガイの大盛りと同じぐらい ダブルのせのお値段はカオマンガイの大盛りと同じぐらい

カオ・マンガイのダブルのせって何?

みんな大好きなカオ・マンガイなので、タイのリピーターには、また、行きたいお店があるかもしれません。それでも次回は、いつもと違うちょっと豪華なカオ・マンガイを食べてみませんか。蒸し鶏と揚げ鶏のダブルのせがおすすめです。揚げ鶏はから揚げではなく、平たいチキンカツのような感じです。もともとタイには揚げ鶏のっけごはんがあります。カオ・マンガイトートと言います。気になるごはんはもちろん、白飯ではありません、鶏のスープで炊いた鶏めしです。

カオ・マンガイトートって、どんなごはん?

サクッと香ばしい衣とやわらかい鶏肉のタレはスイートチリソースです。味噌しょうゆダレで食べるカオ・マンガイとは異なります。このカオ・マンガイトートも充分、美味しいのですが、蒸し鶏とのダブルのせにすると、一度で2種類楽しめるので、得した気分です。ダブルのせにすると、鶏めしの上に、2種類の鶏がのっているだけでなく、タレも2種類出てきます。タイ語ができない私は、食堂や屋台で食べる時、ケースにぶら下がっているゆで鶏と揚げどりの両方を指さして注文しています。

ダブルのせができるお店の探し方

さて、このダブルのせですが、有名なカオ・マンガイ専門店になるほど、揚げ鶏をおいていないので食べられません。どちらかといえば、ご近所さん御用達のような食堂や屋台のほうが、ゆで鶏と揚げ鶏の両方をおいています。タイに滞在中、カオ・マンガイの食堂や屋台の前を通ったら、ショーケースの中は要チェックです。蒸し鶏と揚げ鶏の両方がぶら下がっていると、そこはダブルのせができるお店です。次回のタイでは、いつもより欲張りなカオ・マンガイを食べてみませんか!