バンランプー周辺は、屋台料理のメッカ!

バンコクについたら、連日、蒸し鶏のっけ飯のカオ・マンガイ、タイカレーと炒めもののぶっかけ飯、ライスヌードルのクイティアオなどを食べまくります。どこで食べてもハズレがないのがタイの屋台飯のすごさです! バンコクの私のお宿は、東南アジア一の規模を誇る安宿街のカオサンロードに近いプラー・アチット通りにあります。カオサンロードは、バンランプーと呼ばれる格安の衣料品市場南側に位置し、地元で評判の食堂や屋台も多い便利なところです。数が多いので屋台飯は相当そろっているはずですが、ホイトートがなかなか見つかりません。

旅行者にとにかく便利なカオサンロード! 便利すぎて、ここにいると旅の不便さを感じられないぐらい 旅行者にとにかく便利なカオサンロード! 便利すぎて、ここにいると旅の不便さを感じられないぐらい

ごはんも麺類も充実しているのに、みつからないあの料理

ホイトートとは、カキともやしのお好み焼きのことです。たっぷり入ったカキを卵でとじたホイトートの食感は、サクサク。火を通し過ぎないもやしのシャキシャキ感とカリッと焼けた卵もおいしく、タイにいる間は、1回は食べたい屋台飯です。ただ、私の散歩コースになっているバンランプー周辺には、ホイトートの屋台が本当にないんです。夜になると1軒でてくるところがありますが、他には、見当たりません。バンランプー周辺に限らず、ホイトートの屋台って、料理が有名な割には、意外と少ない気がしませんか?

日本人にも身近なカキを使い、お好み焼きを連想させるホイトートですが、タイでは意外とメジャーではない料理なの? 日本人にも身近なカキを使い、お好み焼きを連想させるホイトートですが、タイでは意外とメジャーではない料理なの?

オースワンっていったい、どんな料理?

ホイトートが見つからないなら、ここはやはりオースワンを食べに行くことにしました。こちらは、お店に行きさえすれば食べられるので、屋台を探すより確実です。オースワンもカキ、もやし、卵を使ったカキのお好み焼きです。ホイトートとの違いは、二つ。モチモチかサクサクです。オースワンは、タピオカ粉や片栗粉を使って、カキと卵の生地をまとめているので、モチモチした食感です。ホイトートは、生地に薄くのばした小麦粉を使っているので、サクサクした焼きあがりです。どちらもシャキシャキ感を残したもやしが入り、主役のカキも同じなのに、全くの別物です。

オースワンは、スイートチリソースやチリソースにつけて食べます オースワンは、スイートチリソースやチリソースにつけて食べます

オースワンを確実に食べられるレストランとは?

もう一つの違いは、屋台で食べるか、レストランで食べるかです。ホイトートは屋台料理ですが、オースワンは、海鮮を使ったレストランで食べるタイ料理です。タイ料理と言っても、ガイヤーンやソムタムなど、タイの東北地方でよく食べられているイサーン料理ではなく、中華系のタイ料理です。また、海鮮料理のレストランに行くと、ほとんどのテーブルに載っている人気料理です。屋台料理ではないので、お値段はそこそこしますが、海鮮料理のレストランに行けば、必ずありますよ。ホイトートとオースワン、カキ好きなら、両方食べてみたいタイ料理ですが、どっちがあなた好みですか?