2011年は、マッサマンカレーにとっては記念の年!

いつのまにか日本のカレーやインスタント食品市場には「マッサマンカレー」味が増えていました。一時期は、柿ピーナッツでもマッサマンカレー味があったほどです。まさに大流行りです。タイ好きやタイ料理好きの人なら以前から知っていたと思いますが、2011年以降一気にマッサマンカレーの名前がメジャーになりました。これにはちゃんと理由があります。2011年、CNNが選ぶ「世界のおいしい料理ベスト50」の第一位に輝いたのがマッサマンカレーでした。マッサマンカレーは世界で一番おいしい料理として認められたのです。

マッサマンカレーの起源は二つ

マッサマンカレーとは、タイのカレーであることは間違いないのですが、その起源には説が二つあります。ひとつは、16世紀のアユタヤ王朝時代、ペルシャからやってきた貿易商人の影響と受けたというもの。もうひとつは、タイ南部を訪れたアラブの貿易商人が伝えたというものです。どちらの説にしろ、イスラム教徒によってもたらされたので、マッサマンカレーは、タイではムスリム料理の一つになっています。そのため使う肉は、鶏や牛、羊などです。一番多いのが鶏肉を使ったチキンマッサマンです。

写真左がマッサマンカレー。食べやすいマッサマンカレーは欧米人に人気のカレー 写真左がマッサマンカレー。食べやすいマッサマンカレーは欧米人に人気のカレー

マッサマンカレーって、本当はどんな味なの?

イスラム教徒によって伝えられ、タイ中部で広まったマッサマンカレーは甘くて酸っぱいマイルドなカレーと言われています。これは、タマリンドペーストが入っているせいです。このマイルドさが世界一の要因かもしれません。ケーンと呼ばれるグリーンやレッドのタイカレーは、かなり辛いですから、辛さに慣れない人もいます。私は辛いタイカレーが好きなので、今までずっとマッサマンカレーを敬遠していました。しかし、ここまで有名になると、本場のマッサマンカレーの味を知りたくなってきました。

鶏肉とじゃがいものマッサマンは、タイでは定番組み合わせ! 鶏肉とじゃがいものマッサマンは、タイでは定番組み合わせ!

バンコクのぶっかけ飯屋で初マッサマンカレー体験!

マッサマンカレーは「ゲーン・マッサマン」と言い、バンコクのぶっかけ飯屋さんに行くと、ごく普通に食べられるカレーです。日本人がグリーンカレーと呼んでいる「ゲーン・キャオワーン」と違うのは、マッサマンカレーはぶっかけにならないことです。ぶっかけ飯屋なのにぶっかけません。ぶっかけ飯屋のマッサマンカレーは、鶏肉を使ったものがほとんどです。でっかい骨付き鶏肉とじゃがいもがゴロンと入ったお碗で出てくるのがお決まりです。具があまりにも立派すぎて、ぶっかけに向かないようです。さて、そのお味は、甘酸っぱい子供向きのカレーみたいな味です。辛いのが好きな私には、甘すぎました。それでも本場のマッサマンカレーを味わったので満足! ぶっかけ飯屋で気軽にマッサマンカレーを食べてみませんか!

ごく普通のぶっかけ飯屋にもマッサマンカレーは、必ずと言ってもいいぐらいある ごく普通のぶっかけ飯屋にもマッサマンカレーは、必ずと言ってもいいぐらいある