page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

屋台でお得に食べよう! 種類もいろいろ美味しいタイ料理とお粥!


掲載日:2018/03/02 テーマ:グルメ 行き先: タイ / バンコク

タグ: おいしい ためになる グルメ 安い 屋台 節約


お粥好きじゃない私がタイでお粥を食べる時

バンコクのチャイナタウンにあるお粥の食堂。指さして注文できるおかずがとにかく充実! バンコクのチャイナタウンにあるお粥の食堂。指さして注文できるおかずがとにかく充実!

韓国や香港に行くと必ず、お粥を食べると言う方がいます。韓国に行けば、あわび粥。香港なら貝柱や魚が入った海鮮のお粥を楽しみにしている人は、けっこう多いです。私は、お粥愛がゼロの人間。韓国でも香港でも食べてみたいものが山ほどあります。だから短い滞在の間にお粥が割り込む余地は、どこにもないんです。こんな私でもタイに行くと、時々、お粥を食べたくなります。いくらタイ料理が好きだと言っても、連日、スパイシーなタイ料理を食べ続けていると、胃がびっくりするみたいです。そんな時は、お粥で一休みしたくなります。

真夏でもタイでは大人気の「チョーク」

しっかり肉の味がしみこんだチョーク。千切りのしょうががきいている しっかり肉の味がしみこんだチョーク。千切りのしょうががきいている

タイには、2種類のお粥があります。一つは米粒がつぶれるほど煮込んだ「チョーク」。豚ミンチで作ったミートボールが入っていることが多く、アクセントに入れた千切りのしょうがも美味しい。卵と一緒に煮てもらう人が多く、屋台や食堂では、1人前ずつ小鍋で作ってくれます。私が毎年、バンコクに行く8月は雨期ですが、気温は連日30度を越えています。夜になっても全く涼しくはないのですが、私のお宿に近い屋台街では、チョークは大人気料理です。屋台の前に並んだテーブル席は、タイ人のお客で常に満席状態。暑い中、熱々のチョークを楽しんでいます。「チョーク」と言う名前ですが、チョークは、中国系タイ人の食べ物です。中国語の「粥(チョー)」から来ているんでしょうね。

中華料理にぴったり! ごはんのかわりになる「カオトム」

タイの中華料理と一緒に食べるカオトム。お酒も出すので、つまみになるおかずも多い タイの中華料理と一緒に食べるカオトム。お酒も出すので、つまみになるおかずも多い

もう一つのお粥は、「カオトム」です。こちらは、米粒の形がはっきり残っている白粥です。白粥なので、もちろん味なし。ごはんのかわりです。だからカオトムの食堂やレストランは、本当におかずが充実しています。チョークもカオトムも中華系タイ人の料理です。カオトムと一緒に食べるおかずもタイの中華料理です。厚揚げと魚の胃袋の醤油味の煮込み、しょうがをきかせた魚のオイスターソース煮込み、カリカリの豚肉と葉物野菜を炒めたものなどなど。お粥とおかず2品を注文すれば、立派な晩ごはんになります。タイでは、お粥と言えば、チョークもカオトムも夜の食べ物です。夜になるとお粥のお店は、さあ営業開始!

タイでは、お粥はちょっと高い料理?

ウオンウィエンヤイ駅の屋台で食べたカオトムとおかず。ここは昼間も営業! 地元の人気店。お昼はお客でいっぱい! ウオンウィエンヤイ駅の屋台で食べたカオトムとおかず。ここは昼間も営業! 地元の人気店。お昼はお客でいっぱい!

夜の食べ物になるせいか、お粥の食堂やレストランって、けっこうお高い。お粥とおかず二つしか注文していないのに。私が韓国や香港でお粥を食べないので、お粥が意外と高い料理だと言うことをわかってないのかもしれません。でも、そこは屋台が充実しているタイです。お得な値段で食べられる屋台があります。私が気に入っているのは、バンコクのウオンウィエンヤイ駅のプラットホームにあるカオトムの屋台です。揚げ魚を注文すると、ご主人のおばあさんが、素手でほぐして出してくれると言うワイルドなお店ですが、安くて、本当においしい。カオトムは、お粥好きならなおさらですが、タイにいる間は、体調が悪い時でもタイ料理を食べたいって人にもおすすめですよ。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/03/02)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索