page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

タイのお土産にインスタントラーメンはいかが? 似ているようで違うトムヤム味編


タイのインスタントラーメンは、トムヤム味がおすすめ!

ワイワイ社のトムヤムムーサップ(豚肉ミンチ)味 ワイワイ社のトムヤムムーサップ(豚肉ミンチ)味

楽しかったタイ旅行の最終日、バンコク中心部にある大型スーパーマーケットのビッグCに行くと、お客は日本人と中国人だらけ。日本ではお目にかかれないような巨大カートには、大量のお土産らしき商品が入っています。その中に必ず入っているのは、タイのインスタントラーメン! もちろん私のカートにも入っています。タイのインスタントラーメンと言えば、とにかく種類が豊富でおいしい。汁あり、汁なし、ビーフン、春雨など、とにかくよりどりみどり。その中に私が大好きな種類があるので買いだめしますが、旅行者に人気があるのは、やはりトムヤム味。でも、トムヤム味と言っても、いろんなトムヤム味があります。

大きく二つに分かれるトムヤム味

ママー社のトムヤムクンナームサーイ味。タイの人気ナンバー1ラーメン。普通サイズと大袋がある。写真は大袋 ママー社のトムヤムクンナームサーイ味。タイの人気ナンバー1ラーメン。普通サイズと大袋がある。写真は大袋

魚だしや豚肉フレーバーのトムヤムもありますが、大きな違いは「ナームサーイ」と「ナームコン」です。これはココナッツミルク入りかなしかの違いです。ココナッツミルク入りが「ナームコン」、ココナッツミルクなしが「ナームサーイ」です。タイのインスタントラーメンを代表するのは、「ママ―」社のもので、とにかく種類が豊富。その中で一番ポピュラーなものが、トムヤムクンナームサーイです。タイの麺やビーフンを出す屋台のガラスケースの中に常備されているのもママーのトムヤムクンナームサーイです。「屋台なのに、どうしてインスタントラーメンを用意しているんだろ?」と気が付いていた日本人もいるはず。タイのインスタントラーメン界に君臨する絶対的王のようなラーメンです。

好き嫌いが分かれるナームコン味

ママー社のクリーミートムヤムフレーバー味。調味料は粉とペーストの2つ入っている。ペーストが辛いので全部入れないほうがいい ママー社のクリーミートムヤムフレーバー味。調味料は粉とペーストの2つ入っている。ペーストが辛いので全部入れないほうがいい

ココナッツミルクなしのトムヤムは、すっきりシャープな辛味が特徴。ココナッツミルクが入っているので、濃厚な辛味があるのは、「トムヤムクンナームコン」です。ココナッツミルクが苦手な日本人には、あわない人もいますが、クリーミーな辛味のとりこになる人もいます。この「ナームコン」味を代表するのは、やはり「ママー」社のもの。パッケージの裏を見ると「クリーミートムヤムフレーバー」とあります。ナームサーイの澄んだスープと比べると、ナームコンは、白濁したスープ。一見、マイルドで辛味が少なく見えますが、ナームサーイ同様激辛なので、食べる時に油断してはいけません。

トムヤムムーサップとは、何が入っているの?

ヤムヤム社のトムヤムムーサップ味。ヤムヤム社のラーメンは、強烈なパッケージも売りのひとつ? ヤムヤム社のトムヤムムーサップ味。ヤムヤム社のラーメンは、強烈なパッケージも売りのひとつ?

トムヤム味でもエビではなく、「ムーサップ」と呼ばれる豚ひき肉味も超がつくほどメジャーです。それなら「ヤムヤム」社のものもおすすめ。誰が見ても美味しそうなママー社のパッケージと違い、ヤムヤム社のパッケージはかなり個性的。強烈なインパクトはあるけれど、どう見ても美味しそうに見えません。肝心のお味のほうは、ライム入りなので、すっきりシャープな辛味です。豚の味はあまりしませんが、辛いもの好きの人なら美味しく感じるはず。トムヤムにもいろんな味があるタイのインスタントラーメン! ビッグCではお徳用6個パック売りばかりなので、コンビニで買うのもおすすめ。コンビニなら1個ずついろんなトムヤム味が買えますよ!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/08/30)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索