辛い物好きタイ人ならではの、南国フルーツの食べ方とは…。

食べ物がおいしいタイは、南国フルーツの種類も豊富。日本に比べると値段もかなりお得です。日本ではなかなかお目にかかれない珍しい果物もあるので、せっかくタイに行くのならぜひ南国フルーツも満喫して欲しいもの。「朝食は軽めがいいな」という人や、「ちょっと小腹が空いたな」という時、夕食の後ちょこっとデザートが食べたいというような時にも南国フルーツがおすすめです。そのまま食べてもおいしいタイフルーツですが、唐辛子大好きなタイ人は、フルーツも唐辛子と一緒にいただきます。

市場にずらりと並べられたカッティングフルーツ 市場にずらりと並べられたカッティングフルーツ

果物が2倍美味しくなるプリックグルア

唐辛子と果物というと、日本人的には「えっ?」となってしまうのですが、唐辛子といっても、唐辛子そのままではありません。赤唐辛子と塩と砂糖を混ぜ合わせたもので、薄いピンク色をしています。タイではプリックグルアと呼ばれ、カットしてある果物を買うと、よく小さなビニール袋についてきます。塩味はあまり感じず、甘くて後からピリッと辛さが追いかけてくる感じです。プリックグルアをつけて食べる食べないは人それぞれ好みですが、タイ人は圧倒的につけて食べる派が多いように感じます。最初は抵抗ある人も多いのですが、慣れるとこれがないと物足りないという人もいるくらいですので、一度トライしてみてください。

カッティングしてある果物を買うとブリックグルアがついてくることがある カッティングしてある果物を買うとブリックグルアがついてくることがある

プリックグルアと相性がいいフルーツは?

プリックグルアは果物につけて食べるのですが、特に相性がいい果物をご紹介しましょう。まずは、まだ熟してないマンゴー。熟したマンゴーは甘くてトロトロですが、プリックグルアと相性がいいのは、まだ硬い酸味のあるマンゴーです。タイ語でファランと呼ばれる実の白いグァバ。日本のなしやりんごのような比較的あっさりした味のフルーツですが、こちらももプリックグルアと相性抜群です。そのほか、日本のザボンのような柑橘系の果物ポメロ、いちご、パイナップルなど、酸味のある果物とよく合うようです。

プリックグルアは、まだ熟してない酸味の強いマンゴーとよく合う プリックグルアは、まだ熟してない酸味の強いマンゴーとよく合う

屋台やスーパーのカットフルーツが食べやすい

扱っている果物種類の多さや値段の安さでいえば、市場が一番ですが、わざわざ市場に行かなくても駅前や屋台街などでもフルーツを扱う屋台はあります。もう少しこぎれいな場所がいいなという人は、ショッピングモールの中に入っているスーパーへ。旅行者には、食べやすく皮をむいてカットしたフルールををパッキングしてあるのがおすすめです。タイ旅行の際には、ぜひプリックグルアと一緒に南国フルーツ味わってみてください。