page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

【2019年版】バンコク旅行で絶対に食べたいタイ大衆グルメベスト5


掲載日:2019/08/15 テーマ:グルメ 行き先: タイ / バンコク

タグ: おいしい グルメ スイーツ 安い 屋台 甘い 辛い 名物


タイの焼き鳥、ガイヤーンは日本人好みの甘辛味

ご飯にもよく合うガイヤーン。辛いタレと一緒に食べるのも美味 ご飯にもよく合うガイヤーン。辛いタレと一緒に食べるのも美味

最近の日本ではエスニック系のレストランも増えてきて、タイ料理は日本国内でも気軽に食べられるようになりました。でも、やはり現地で味わうタイ料理は格別ですよね。ここでは、バンコクに行ったら絶対食べて欲しいタイ大衆グルメをご紹介。まずは、食べやすい「ガイヤーン」に登場してもらいましょう。ガイヤーンとは、鶏肉を甘辛のタレに漬け込んだものを炭火焼きしたもの。日本の焼き鳥に当たるくらい定番料理です。ご飯と合わせて食べてもよし、ビールのつまみにするもよし。ちょっと辛いたれをつければまた違う味わいで、2度おいしい大衆グルメです。

タイの焼きそばといえば、パッタイ

オムライス風にアレンジしたパッタイもなかなかいけます オムライス風にアレンジしたパッタイもなかなかいけます

タイの街中で、巨大フライパンで豪快に炒められているのが「パッタイ」。タイの焼きそばといえばコレですよね。パッタイに使われるヌードルはセンレックと呼ばれる米の粉から作られた平べったい麺。これにナンプラー、砂糖、タマリンドがベースとなった甘辛酸っぱいソースに絡めて豪快に炒めます。トッピングにニラともやし、ピーナッツをのせ、粗挽きの乾燥唐辛子、ライムの絞り汁をかけるのが本場の食べ方。パッタイ屋台はあちこちで見かけますし、フードコートにも必ずあるメニューですので、ぜひトライしてみてください。

やっぱり外せないタイヌードル

好みの麺と好みの具を指差しで選べば5分程度でサーブされる 好みの麺と好みの具を指差しで選べば5分程度でサーブされる

大衆グルメでやっぱり外せないのがスープヌードル。タイのスープヌードルは1杯が小ぶりなので、ちょっと小腹が空いた時のおやつとしても最適です。ヌードルの種類や具を選ぶと、たっぷりのスープとともにサーブしてくれます。そのままでも、ダシとタレの味がしっかりきいていておいしいのですが、備え付けの調味料(砂糖、ナンプラー、乾燥唐辛子の粗挽き、唐辛子を漬け込んだお酢)で自分好みの味にしていくのがタイ流です。

おかずのっけご飯の代表ガパオライス

ガパオライスは、バジルの風味が決め手のタイらしい一品 ガパオライスは、バジルの風味が決め手のタイらしい一品

おかずのっけご飯は、タイ人の定番メニューなのですが、タイらしい一品が「ガパオライス」です。ガパオライスとは、ひき肉とバジルを甘辛炒めにしたものをご飯に豪快にのせたもの。がっつり食べたい時にはオススメのメニューです。バジルと唐辛子とソースの組み合わせが絶妙な、タイらしい味を楽しんでください。

癖になるおいしさカオニャウ・マムアン

たっぷりとマンゴーをのせてくれるのがうれしい たっぷりとマンゴーをのせてくれるのがうれしい

「カオニャウ」とはもち米、「マムアン」はマンゴーのこと。つまり「カオニャウ・マムアン」とは、甘いもち米の上にマンゴーをのせたスィーツです。お米とマンゴーの組み合わせに抵抗がある日本人も多いかもしれませんが、これ、意外にも食べてみるとクセになる人続出なのです。かくいう筆者もその一人。まったり甘いマンゴーに、これまたまったり甘いココナツミルクをかけたもち米が絶妙な逸品です。結構食べ応えがあるので、夜お腹が空いた時の夜食にもなりますよ。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/08/15)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索