page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

一皿の量が女性にぴったり!? お手軽で美味しいタイの一皿飯を食べよう!


掲載日:2020/11/09 テーマ:グルメ 行き先: タイ / バンコク

タグ: おいしい レストラン 安い 屋台


量が少ない麺やクイティアオと比べて、ほどよい量のごはんもの

焼き豚を乗っけたカオムーデーン。カリカリに揚げた豚(カオームークローブ)の2種類のっけごはんにしてみるのもおすすめ! 焼き豚を乗っけたカオムーデーン。カリカリに揚げた豚(カオームークローブ)の2種類のっけごはんにしてみるのもおすすめ!

タイで麺やクイティアオ(ビーフン)を食べると、もうちょっとほしいって、ところでなくなってしまいます。これは小腹がすいた時にちょこちょこ食べるというタイの食習慣が影響しています。タイの人々は1品でおなかいっぱいにするより、少しずつ何品も食べるのが好きなようです。だからタイの麺やクイティアオは、ズズッと数回すすったら、なくなってしまうぐらい量が少ないのです。その点、ごはんものは、女性なら一皿の分量がちょうどいい量。少なすぎず、多すぎない。ちょっとしたデザートなら、まだ食べられそうな感じがします。ここが女性にはうれしい。しかもタイのごはんものは、サラダ代わりのキュウリ、メインの肉、ごはん、タレが全部一皿にのっていて、ビジュアルも美しい。タイの一皿飯は、量もちょうどよく、美味しく、美しい料理です。

日本人に一番知られているタイの一皿飯

つやつやお肉のカオマンガイは、ビジュアルも味もパーフェクト! カオマンガイは、何回食べてもまた、食べたくなる つやつやお肉のカオマンガイは、ビジュアルも味もパーフェクト! カオマンガイは、何回食べてもまた、食べたくなる

日本人に一番知られているタイの一皿飯と言えば、カオマンガイです。中国の海南島生まれの蒸し鶏のっけごはんは、中国人によってタイに伝わり、今ではタイの名物料理のひとつになっています。鶏のスープでほんのり色づいたごはんの上には、ジューシーでやわらかい蒸し鶏。豆から作ったタレは、蒸し鶏はもちろん、きゅうりにつけても美味しい。カオマンガイは、どこで食べてもハズレがないので、安心して食べられる一皿飯です。カオマンガイほど知られていませんが、豚足煮込みのっけごはんのカオカームーも美味しい。とろとろになるまで煮込んだ豚足は、ちょっと甘いお醤油味。じっくり煮込んでいるので、しつこいはずの脂身が気になりません。コラーゲンと思って食べましょう。

中国系だけではない、タイの一皿飯

カオモックヌアは、ビーフシチューがけごはんのようなもの。一皿飯に欠かせないきゅうりは、イスラム系料理でも必ず載っている カオモックヌアは、ビーフシチューがけごはんのようなもの。一皿飯に欠かせないきゅうりは、イスラム系料理でも必ず載っている

一皿飯は、カオマンガイやカオカームーだけでなく、他にもあります。タイに住んでいるイスラム系の人々が好んで食べるカオモックカイとは、チキンビリヤーニのことです。鶏の代わりに牛肉の煮込みをのっけたら、カオモックヌアです。どちらもタイらしく一皿に美しく盛ってくれます。さて、一皿飯は、どこで食べられるかというと、フードコートに行くのが一番簡単です。でも、美味しいオーラが出ている食堂のようなところで食べたくないですか? バンコクならとりあえずチャイナタウンに行きましょう。一皿飯は中国系の料理が多いので、チャイナタウンのほうが美味しいお店や屋台に出会う確率が高くなる気がします。私のおすすめはBTSのサパーンタクシン駅に近いバーンラック市場周辺。ここは、美味しい中国系一皿飯屋が集まっている下町の商店街です。

中国系一皿飯を食べてみよう!

BTSサパーンタクシン駅に近いバーンラック市場周辺は、小さいけれど、美味しい老舗食堂が集まる美食地帯 BTSサパーンタクシン駅に近いバーンラック市場周辺は、小さいけれど、美味しい老舗食堂が集まる美食地帯

肉の繊維がしっかりしているので固く感じるかもしれませんが、ちょっと甘いタレで食べるカオナーペットは、焼いたアヒルをのせた一皿飯。カオマンガイと違い、あひるのスープはごはんには向かないらしく、白いごはんの上にあひるの肉がのっています。お店の入り口にカリカリに揚げた豚をつるしているお店なら、カリカリ豚のっけごはんのカオムークローブが食べられます。カリカリ豚があれば、焼き豚もその横につるされているはず。焼き豚のっけごはんは、カオムーデーンと言います。チャイナタウンで食べる一皿飯は、どれも少し甘いタレが肉にかかっています。もちろんどの一皿飯もちょうどいい分量なので、このタレが重く感じられることなく、最後まで美味しくいただけます。美味しく、見た目美しく、多すぎない。タイに行く女性は、一皿飯を食べてみませんか!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/11/09)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索