日本ではまだまだ敷居の高いエステ

日本でも女性たちにエステは大人気ですが、まだまだ何となく入りづらいし値段が高くて…と敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか。しかし東南アジアでは、日本と比べて割安の価格で美容マッサージやエステを受けることができます。実は私も初めてのエステはベトナムで、結果は大満足でした。最近では旅の目的のがエステという女性も多くなっています。毎日仕事に家事にと頑張っている自分へのご褒美にいかがですか?

アジアでお気軽エステデビュー アジアでお気軽エステデビュー

東南アジアならお手軽なスパがたくさん

東南アジアでのエステは、美顔や痩身が目的というよりは、マッサージとフェイシャル、ボディのトリートメントを組み合わせて、リラックスやリフレッシュ効果を期待できるものが主流になっています。「SPA(スパ)」と名のつくお店やメニューが多いですね。本来のスパとは、温泉を利用した療養施設などを指す言葉ですが、タイやインドネシア、ベトナムなどの東南アジアでは、マッサージやエステなど様々なメニューを提供する施設の呼び名となっています。

エステデビューするならバンコクがおすすめ

エステデビューするのにおすすめの都市は、バンコクです。タイでは「タイ古式マッサージ」という2500年前にインド人医師が仏教と一緒に伝えたといわれている独自のマッサージが人気です。指圧とストレッチを組み合わせて行われます。多くの店では、このタイ古式マッサージとフェイシャル、もしくはボディのスクラブやオイルトリートメントを組み合わせて受けることができます。身体の血流やリンパの流れをよくして、さらにお肌にもうるおいを与えるので、効果を実感できるはず。バンコクには深夜便の発着に合わせて、予約をすれば深夜まで施術を受けられる店も多いので、滞在時間が短い方も利用できます。

手軽な値段でコストパフォーマンスはバッチリ

気になるお値段ですが、エステの種類やお店はピンからキリまで。地元の人も利用する予算やお好みに合わせて選べます。地元の人達も利用するカジュアルな店なら、日本円で1000円台から、五つ星ホテルに付属している高級スパなら、1万円〜2万円程度、おすすめなのは、5000円前後で施術を受けられる、住宅地の中の一軒家を利用したプライベート感のある店でしょう。日本から直接予約できる店も多いので、旅の予定が決まったらご褒美のエステも検討してみては